令和元年台風19号でピースウィンズ・ジャパン医療・レスキューチームによる緊急支援活動を開始

プレスリリース発表元企業:ピースウィンズ・ジャパン

12日に上陸した台風19号により、死傷者が発生する被害が出ており、浸水や停電など被害がさらに拡大すると思われます。PWJは緊急合同支援チームを派遣しました。

合同支援チーム(Civic Force/ A-PADジャパン/ Peace Winds Japan)は現在、ヘリ2機と医師4名、看護師1名を含むレスキュー隊、救助犬が現場へ向かっています。

富山空港を経由し、長野県長野市や長野県小布施町に入り、情報収集にあたり、ニーズがあり次第、医療・物資・避難所支援等を行う予定です。




[動画: https://www.youtube.com/watch?v=OMKpCO6pfS0 ]



[画像1: https://prtimes.jp/i/35080/48/resize/d35080-48-664877-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/35080/48/resize/d35080-48-306725-1.jpg ]

現地での活動につきましては、引き続き当団体のホームページでお伝えしていきます。報道関係の皆さまにおかれましては、取材・報道をしていただきますよう、お願い申し上げます。


●特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

HP:https://www.peace-winds.org
Facebook  https://www.facebook.com/PWJPublicRelations/
Twitter: https://twitter.com/peacewindsjapan

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース