『ゼクシオ』ブランド、ロゴも刷新し20年目のリブランディング

プレスリリース発表元企業:住友ゴム工業株式会社
ドライバー

ロゴ

イメージ

ダンロップの住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、『ゼクシオ』シリーズ11代目のゴルフクラブの発売を契機に、ブランドロゴを刷新するなど一連のリブランディングに取り組みます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195560/img_195560_2.jpg

リブランディングの取り組みは、大きく以下の3点です。
1)より多くのゴルファーの価値観やニーズに合わせ、ラインアップを拡充
2)個人の多様なゴルフの楽しみ方を、「体験価値」として提案・サポートするブランドへ
3)新しいブランドロゴとブランドメッセージ「EXPERIENCE THE DIFFERENCE」

■より多くのゴルファーの価値観やニーズに合わせ、ラインアップを拡充
ゴルフクラブにおいては、従来のゼクシオご愛用者を中心に、さらなる革新的な進化と性能アップをもたらす「ゼクシオ イレブン」に加え、比較的体力がありクラブをしっかり振り切りたいゴルファー向けに「ゼクシオ エックス」を新たにラインアップ。ゴルファーの幅広いニーズに対応します。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/195560/img_195560_1.jpg
「ゼクシオ イレブン」ドライバー 「ゼクシオ エックス」ドライバー

■個人の多様なゴルフの楽しみ方を、「体験価値」として提案・サポートするブランドへ
個人の多様化するゴルフの楽しみ方を、従来の提供価値に加え、新たに「体験価値」として位置づけこれを提案・サポートするブランドへと歩み始めます。
これまでの『ゼクシオ』の提供価値は、「飛び・打ちやすさ・爽快な打球音」といった「機能的価値」と、「大人のゆとり・ステイタス」といった「情緒的価値」から構成されていました。今回のリブランディングでは、こうした従来からの提供価値は変わらずそのままに、第三の価値として、ゴルファーの皆様の多様な価値観に基づくゴルフの楽しみ方を「体験価値」として位置づけ、これを提案するブランドを目指して新しい挑戦を始めます。ゴルフの未来に向けてこれからの『ゼクシオ』が提案する「体験価値」、それは、飛びやスコアといったプレーにおける喜びや楽しみだけではなく、人とのつながりや自然との触れ合いなど、プレーシーン以外の多様な心躍る体験です。
そうした心躍る体験を、新しい『ゼクシオ』が提案する世界観として映像化しました。ブランドムービー(https://youtu.be/cAicFVPDCUg)をぜひご覧ください。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/195560/img_195560_3.jpg
『ゼクシオ』 ブランド広告(イメージ)

■新しいブランドロゴとブランドメッセージ 「EXPERIENCE THE DIFFERENCE」
今回のリブランディングでは、ブランドロゴとブランドメッセージも刷新します。ブランドロゴの大きな刷新は、2000年のブランドデビュー以来今回が初めてです。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/195560/img_195560_2.jpg

特徴的な「X」のシンボルマークのゴールドの部分は「ゼクシオ・アロー」と呼び、「新しいゴルフの世界・ゴルフの未来への扉・入口」を象徴しています。ゼクシオが常に「ゴルフの未来への扉・入口」に、ゴルファーの皆様をいざなう存在であり続けたいという思いを込めています。
さらに、ブランドメッセージも新たに「EXPERIENCE THE DIFFERENCE」としました。これは「経験できない体験を」といった意味であり、
・打てば明らかに従来のギアとの違いが実感できる
・これまでと違う、新しい自分との出会い・体験がある
・多様なゴルフの楽しみ方を提案し続けるブランドでありたいといった思いを込めています。

リブランディングした、新しい『ゼクシオ』ブランドの今後の取り組みにご注目ください。





詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告