Hondaグループ、Drivemode社を完全子会社化

プレスリリース発表元企業:インキュベイトファンド

Hondaの研究開発子会社である株式会社本田技術研究所(本社:埼玉県和光市、代表取締役社長:三部 敏宏 以下、本田技術研究所)が、デジタル・コネクテッド領域における新価値創造の強化に向け、インキュベイトファンド(本社:東京都港区、代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介)の出資先であるDrivemode, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:古賀 洋吉、以下ドライブモード)の全株式を取得し、2019年9月26日に完全子会社化したことをお知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/5647/34/resize/d5647-34-331157-0.jpg ]

ドライブモードはスマートフォンを活用したコネクテッドサービスの開発・運営を行っているスタートアップ企業です。インキュベイトファンドは、2014年に組成したインキュベイトファンド3号投資事業有限責任組合を通じて、同社にシードラウンドで投資を実行しております。

ドライブモードとHondaは、Hondaのグローバルなオープンイノベーションプログラム「Honda Xcelerator」を通じて2015年から共同開発を行っており、今後、Hondaが本田技術研究所内に新設したデジタルソリューションセンターとドライブモードが連携し、すべての人に「生活の可能性が拡がる喜び」を提供することを目指して、コネクテッド・モビリティサービス領域の新価値を創造していきます。

インキュベイトファンドでは、今後も、グローバルに利用される先端技術や事業創造に向けて、挑戦する起業家の創業及び事業成長をサポートして参ります。

■Drivemode, Inc.
本社: 米国カリフォルニア州
事業概要: ドライバー向けスマートフォンアプリの開発・提供
代表者: 古賀 洋吉
創立: 2014年

■インキュベイトファンド株式会社
インキュベイトファンドは、「志ある起業家の挑戦を、愚直に支え抜く」をモットーに、創業期の投資・育成に特化した独立系ベンチャーキャピタルです。シードスタートアップへの投資において国内最大規模の実績を有し、運用総額349億円のファンドから300社以上のポートフォリオを構築しています(2019年10月現在)。起業家のよきパートナーとして、最も近いポジションから、新規事業の創造やベンチャー企業の立ち上げ及びバリューアップに努めています。

本社所在地: 〒107-6003 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F
代表者  : 代表パートナー 赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介
設立   : 2010年
事業内容 : ベンチャー企業の投資・育成
URL   : http://incubatefund.com/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告