四国化成の「ファンルーフ」が2019年度グッドデザイン賞を受賞

プレスリリース発表元企業:四国化成工業株式会社
ファンルーフ

2019年度 グッドデザイン賞

室内と庭のつながりを生む深い軒下

四国化成工業株式会社(本社:香川県丸亀市、社長・C.E.O.:田中 直人)の「ファンルーフ」が、このたび2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195042/LL_img_195042_1.jpg
ファンルーフ

「ファンルーフ」は、フラットな木調の天井材を用いたシンプルで建物と一体感のあるデザインのテラスです。リビングの天井を延長したかのような深い軒下は、庭と室内とのつながりを生み出し、四季を通じて心地よく過ごせる新たな生活空間を提供します。昨年の「マイポート7」に続き2年連続のグッドデザイン賞の受賞となりました。

当社は1972年に国内で初めて伸縮機構を持つ「アコーディオン門扉」を考案し、金属製エクステリア市場に参入。機能とデザインが融合した「機能美」は市場で高く評価されており、1984年にはアコーディオン門扉「ルビコン11型」で業界初となるグッドデザイン商品(現在のグッドデザイン賞)に認定され、以降も数多くの製品で同賞を獲得しています。現在ではトータルエクステリアメーカーとして、住宅・景観分野ともにエポックメーキングな製品を発売しています。
今回のグッドデザイン賞受賞を励みに、これからも確かな技術に裏打ちされたデザイン力で「機能美」に磨きをかけ、「いつもの場所を、価値ある空間に」する製品を提供し続けてまいります。


■グッドデザイン賞とは
1957年、旧通商産業省が創設したグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「G マーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
https://www.g-mark.org/


【会社概要】
商号 : 四国化成工業株式会社
代表者 : 社長・C.E.O. 田中 直人
所在地 : 本社 〒763-8504 香川県丸亀市土器町東8丁目537番地1
支社 幕張、大阪
営業所 仙台、茨城、東京、神奈川、埼玉、静岡
名古屋、岡山、香川、福岡
設立 : 1947年10月10日
従業員数: 660名 ※出向者を除く(2019年3月31日現在)
資本金 : 68億6,770万円
URL : http://www.shikoku.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告