三菱造船、新日本海フェリー向け大型フェリー受注、長崎本工場(立神)で建造

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

TOKYO, Sept 24, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:大倉 浩治、本社:横浜市西区)は、大型高速フェリー2隻を新日本海フェリー株式会社から受注し、三菱重工業 長崎造船所の本工場(立神)で建造します。完成・引渡しは2021年の予定です。

本船は、長さ約222.5m、幅25m、深さ20.4m、喫水7.4m、総トン数約1万5,400トンです。旅客定員268人で、12mトラック約154台および乗用車約30台の積載能力があります。客室区画には、3層吹き抜けのエントランスがあり、シースルーエレベーターが装備されています。また、露天風呂や展望浴場にてクルージングしながらの温泉気分を味わえ、レストランやバーベキューコーナーで海を眺めながらの食事も楽しむことができます。

環境面への配慮では、新型最適船型の採用などにより在来船と比べ約6%の省エネルギーを実現。また、2020年から全海域が対象となるSOx(硫黄酸化物)の排出規制への対応策として主機関(4台)および発電機関(3台)に排ガス浄化装置(スクラバー)を搭載します。

現在、国内においては陸上輸送のCO2削減、長距離ドライバー不足・働き方改革の観点から、海上へのモーダルシフトが進行。それに伴ってフェリー・RORO船(注)などの需要が高まり、船舶の大型化のニーズも増大しています。

従来、下関造船所が得意としてきたフェリー・RORO船などの高密度艤装船の建造能力を増強するべく、長崎造船所の本工場においてもこれら船種の建造体制を整備し、さらに下関造船所の岸壁、クレーンなどの建造設備も拡充し、船舶の大きさや特性、納期に応じて両造船所にて対応できる体制を整え、お客様の多様なニーズに対応していきます。

三菱造船では、今後も引き続き、燃費性能・環境性能に優れお客様の安定運航に資する貨客船や輸送船を建造していくことにより、お客様とともに多様な課題を解決し、海上交通の活性化と環境保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190924.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース