Audi R8 LMSもてぎスーパー耐久5時間レースで総合優勝

プレスリリース発表元企業:アウディ ジャパン 株式会社

ST-XクラスのX WORKS R8 (Audi R8 LMS)、スーパー耐久初めての総合優勝/Circuit trial Time trial session総合優勝者参戦のAudi driving experience Japanチーム3位表彰台



アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、Audi R8 LMSならびにAudi RS 3 LMSでレースに参戦するカスタマー(プライベート)チームをサポートしています。9月14日15日にツインリンクもてぎで開催された、ピレリ・スーパー耐久シリーズ2019第5戦「もてぎスーパー耐久5時間レース」で、ST-XクラスのX Worksチームの83号車X WORKS R8 (Audi R8 LMS)が、スーパー耐久初めての総合優勝を果たしました。また、Audi RS 3 LMSが参加するST-TCRクラスでは、WAIMARAMA KIZUNA RACING TEAMの22号車が2位、Audi driving experience Japanチームの33号車が3位表彰台を獲得しました。さらにTRACY SPORTSチームの998号車 Z-REX ADVICS R8 TRACY(Audi R8 LMS CUP)もST1クラスで2位を獲得しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/22539/240/resize/d22539-240-875662-0.jpg ]

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

今回のエントリー数は全8クラス52台。敬老の日を含む3連休ということもあり、サーキットは多くのファンで賑わいました。14日午後の公式予選は、A、Bドライバーのベストタイム合算で争われ、83号車 X WORKS R8のTSE KA HING/THONG WEI FUNG SHAUN/TANG PHILIP(ツェ・カヒン/ショウン・トン/タン・フィリップ)組がグリッド最前列の2位を獲得。15日の決勝レースは12時にフォーメーションラップがスタートしました。

優勝した83号車 X WORKS R8は、ドライブスルーのペナルティが科せられたにもかかわらず、粘り強い反撃を見せました。そしてゴールまで残り7分で先行車両に追いつき、トップチェッカーを受け、うれしい初優勝を遂げました。また、Audi RS 3 LMSが参加するST-TCRクラスでも、WAIMARAMA KIZUNA RACING TEAMが2位、Audi driving experience Japanチームが3位と素晴らしい結果を残しています。

アウディ ジャパンは、アウディ オーナーの間ですでにおなじみとなっているAudi driving experienceの上級クラスCircuit trial Time trial sessionの総合優勝者1名に対し、特別賞としてAudi race experienceへの参加権利を提供しています。2019年度にその権利を得たAudi RS 3オーナーの阿野 雅樹さんは、昨年の参加者同様、スーパー耐久5時間レースに参戦しました。

阿野さんは、Super GTでAudiチームで活躍するドライバー富田 竜一郎選手、特別ゲストドライバーの柳田 真孝選手、Audi driving experienceインストラクター中原 英貴、計4名からなるAudi driving experience Japanチームの一員として、Audi RS 3 LMSのステアリングを握り、見事に表彰台を獲得しました。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース