データマーケティング会社Legoliss、CDPターゲティング広告「coveLage」を2019年10月提供開始

プレスリリース発表元企業:株式会社Legoliss
coveLageサービスイメージ図

ロゴ

データを活用したマーケティング事業を展開する株式会社Legoliss(本社:東京都渋谷区、代表取締役:酒井 克明、以下 Legoliss)は、CDP(カスタマーデータプラットフォーム)の構築から広告配信、分析レポートまでの一連工程をパッケージにしたCDPターゲティング広告「coveLage(カバレッジ)」を開発し、2019年10月に提供を開始いたします。

昨今、企業のマーケティングにおいて、保有する顧客データの精度を高め、顧客とのコミュニケーションをより活発にしていきたいというニーズが高まっています。その方法の一つとして、CDPの導入によって緻密なターゲティングに基づく広告の配信が求められています。

一方で、CDPの導入や、それに基づいた広告配信を行うには、それぞれの企業の持つデータに合わせた構築や運用を行うための技術的なリソースが必要になるため、実現までに多くのハードルを抱えているケースが多くありました。

今回Legolissが開発する「coveLage」は、各種CDPからの接続、セグメント設計・実装、広告配信、施策結果のレポーティングまでをオールインパッケージで提供することにより、企業のCDP導入のハードルを下げ、より迅速に、高いレベルでのOne to Oneマーケティングを実現します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193774/LL_img_193774_1.jpg
coveLageサービスイメージ図


■サービス名とロゴマークのコンセプト
「coveLage」は「coverage」(=カバー率を示す用語)の「r」をLegolissの「L」にし、「すべてをLegolissでカバーする」という意味を込めたサービス名になります。またロゴのカラーには「小さな成功を共にブロックのように積み重ね(=Lego)ながら、大きな成功(=Bliss)を共有したい。そしてその先には、“明るい光”(黄色いブロック)が見えてくる」という思いが込められた、企業ロゴに使用されている4色を用い、頭文字の「c」から語尾「e」までフルファネルをイメージしたグラデーションで彩っています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/193774/img_193774_2.png
ロゴ


<Legoliss概要>
社名 : 株式会社Legoliss
設立 : 2015年2月
代表者 : 代表取締役 酒井 克明
URL : http://legoliss.co.jp/
事業内容 : デジタルマーケティング支援事業
データマーケティングプラットフォーム構築支援事業
マーケティングトレーディング事業
本社所在地: 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-5 第16スカイビル3F


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース