砂漠の中を駆け抜ける エアロバティック飛行ナミビアで撮影したショートフィルム DREAMS OF FLIGHT

プレスリリース発表元企業:スウォッチ グループ ジャパン株式会社

ハミルトンのアンバサダー パイロット ダリオ・コスタと映画監督 ジェイコブ・サットンが生み出す迫力の映像美

Dreams of Flight - イタリア出身のエアロバティック飛行のパイロット ダリオ・コスタと、イギリス出身の映画監督 ジェイコブ・サットン。アビエーションとシネマというハミルトンが長年に亘って貢献してきた2つの世界で活躍する二人がタッグを組み、ショートフィルムを制作しました。



ナミビアの壮大な砂丘を背景にダリオが操縦するブラックの機体が描くシルエット、空に浮ぶ飛行機雲。自然の美しさと脅威を称える映像美を堪能できるこのショートフィルムはYouTubeでご覧頂けます。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=Mb5K0zKsJb0 ]



完成まで2年間の歳月を要したこのショートフィルム。撮影はナミビアのスワコプムントの砂丘で行われ、ヨーロッパ、南アフリカ、ナミビアから国際色豊かなクルーが集まりました。地上からはもちろんのこと、ヘリコプターやダリオが操縦する機体にもカメラを搭載し、複数台のカメラであらゆるアングルから撮影が行われました。

今回の撮影に使用されたのは、このショートフィルム用にカスタマイズされたオールブラックの機体。マットブラックで覆われた機体は外観だけでなく、機内の気温を猛烈な暑さから守る役目も兼ね備えています。40度に昇る気温、海から吹き付ける強風、砂、霧に視界を遮られる困難なコンデションの中撮影が行われました。

一見スムーズに見えるフライトですが、空気密度が低いために機体が安定せず、エンジンの性能が低下するという過酷な状況下で、高度な操縦技術が求められました。トップパイロットのダリオにとってもこれまでにない挑戦で、彼は最大時速370kmのエアロバティック飛行機で砂丘の超低空飛行に成功した初のパイロットと言えます。

「砂丘の中で距離感や方向を認知することは非常に困難でしたが、かつてアルプス上空を低空飛行した経験がとても役に立ちました。撮影前にその状況を何千回も思い描き、フライトのイメージトレーニングをしました」と、ダリオは語ります。


ハミルトンのCEO シルバン・ドラはこのショートフィルムについて次のようにコメントしています。

「クリエイティビティーに満ちた素晴らしい2人による作品が完成しました。私たちはこの作品をサポートできたことを誇りに思います。この作品を通して、困難な状況下でも惜しみない努力により夢は必ず実現できるというメッセージが伝わると思います。それはまさに、ハミルトンの中に息づく“スピリット”なのです。」
[画像1: https://prtimes.jp/i/31653/17/resize/d31653-17-538286-0.jpg ]

ジェイコブ・サットン
1979年 イギリス、バース生まれ。ジェイコブ・サットンは、写真と映画における革新的な作品で知られています。2000年代前半にファッションフォトグラファーとしてキャリアをスタート。彼の作品は、ニューヨーク・タイムズ、ヴォーグ、ヌメロを始め、様々なメディアに登場しています。映画監督としても活躍の場を広げており、『A-Z Dance』や『LED Surfer』などのオンライン映画で成功を収めました。シャネル、ルイ・ヴィトン、カルバン・クライン、ナイキを始めとするグローバルブランドのプロモーションムービーの制作にも携わっています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31653/17/resize/d31653-17-564809-1.jpg ]

ダリオ・コスタ
1980年イギリス、マンチェスター生まれ。ハミルトンのアンバサダーを務めるエアロバティックパイロット ダリオ・コスタは、イギリス、アフリカを経て、イタリア ボローニャで育ちました。幼少期から空への憧れを抱いていたダリオは、わずか16歳でパイロットの資格を取得。2018年にエアレースパイロットとなり、レッドブル・エアレースに出場。レッドブル・エアレース史上初、そして唯一のイタリア人パイロットとなりました。彼は、エアロバティック飛行機を中心に、50種類以上にも及ぶ機体を操縦した経験を誇ります。

Khaki X-Wind Day Date / カーキ X-ウィンド デイデイト

[画像3: https://prtimes.jp/i/31653/17/resize/d31653-17-667458-2.jpg ]

Reference : H77785733
販売価格 : 144,000円+税
ケース : ステンレススチール(ブラックPVD加工)/ねじ込み式リューズ
ケース径 : 45mm
ダイヤル : ブラック
ディスプレイ: デイデイト表示
ムーブメント : 機械式自動巻き H-30
標準持続時間 : 80時間
風防 : サファイアクリスタル(反射防止加工)
防水性 : 10気圧防水
ベルト : ブラックレザーベルト/Hバックル

ハミルトンについて
ハミルトンは1892年アメリカ合衆国ペンシルバニア州、ランカスターで創業。ハミルトンの時計は、スイスのテクノロジーとアメリカンスピリットが融合した、比類なきタイムピースです。革新的なデザインで知られるハミルトンはハリウッドからも愛され続けており、これまでに500本以上ものハリウッド映画に登場しています。また、航空計時においても一世紀にわたる豊かな歴史を有しています。
ハミルトンは世界最大の時計製造および販売グループであるスウォッチ・グループの一員です。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース