2019-09-13 16:00:00

【奈良交通】安全安心に配慮した バス車両の導入について

プレスリリース発表元企業:奈良交通株式会社
奈良交通路線バス

非常ブレーキスイッチ


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193464/img_193464_1.jpg
このたび当社では、「ドライバー異常時対応システム」を装備した路線バスを導入します。これにより、運行中に何らかの事情で乗務員が運転操作をできなくなった際、非常ブレーキスイッチを押すことで、運転者以外でも車両を停止させることができます。
今後も、お客様が安心して当社バスにご乗車いただけるよう、努めてまいります。


画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/193464/img_193464_2.jpg
1.車両概要
車 種 いすゞエルガ
仕 様 大型・中型ノンステップ
台 数 17両
(大型14両、中型3両 今年度中に順次導入します。)

2.運行開始日
令和元年9月中旬

3.導入路線
奈良市内を中心に、県内各路線に導入します。

4.特 徴 ※スイッチの位置については、別紙をご参照ください。
「ドライバー異常時対応システム」(EDSS:Emergency Driving Stop System)を装備しており、異常時には、乗務員が運転席のスイッチを押すか、お客様が車内の非常ブレーキスイッチを押すと、段階的に速度が落ち、停止します。車内では赤いランプが点滅し、音声アナウンスで緊急停止が知らされます。また、ホーンを鳴らし、ストップランプとハザードランプで周囲に異常が知らされます。

5.その他
上記車両の他に、9月26日には、車いすのままご乗車いただくことのできるリフト付き車両をリムジンバスに導入します。

6.お問合せ
(路線バスに関して)奈良交通 お客様サービスセンター
TEL 0742(20)3100(8:00~19:30/年中無休)
(リムジンバスに関して)奈良交通 総合予約センター
TEL 0742(22)5110(8:00~19:30/年中無休)













詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告