車種別専用スピーカーパッケージ「SonicPLUS」シリーズのトヨタ RAV4専用リミテッドモデル「SP-RAV4 L」を期間限定で販売

プレスリリース発表元企業:株式会社ソニックデザイン
SP-RAV4 L

トヨタ RAV4

SP-RAV4 L(フロント用)

株式会社ソニックデザイン(所在地:千葉県千葉市、代表取締役:佐藤 敬守)は、車種別専用スピーカーパッケージ「SonicPLUS」(ソニックプラス)シリーズの新製品として、トヨタ RAV4専用リミテッドモデル「SP-RAV4 L」「SP-RAV4 Lr」を2019年9月13日(金)~12月末まで、全国のソニックプラスセンターおよびソニックデザイン製品認定販売店で販売いたします。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193322/LL_img_193322_1.jpg
SP-RAV4 L

●「SonicPLUS」(ソニックプラス)トヨタ RAV4(50系)専用モデル
<スピーカーパッケージ「SP-RAV4 L」>
トヨタ RAV4(50系)専用リミテッドモデル フロント専用
本体価格 :20万円(セット)+税 取付費別
推奨取付時間:3.0H

<スピーカーパッケージ「SP-RAV4 Lr」>
トヨタ RAV4(50系)専用リミテッドモデル リア専用
本体価格 :16万5,000円(セット)+税 取付費別
推奨取付時間:2.0H

※2019年12月末までの期間限定販売【受注生産品】


【「SP-RAV4 L」「SP-RAV4 Lr」製品概要】
●「SonicPLUS」シリーズについて
ソニックデザインの「SonicPLUS」シリーズは、車両の資産価値や操作性を犠牲にすることなくカーオーディオの音質を改善したいとお考えのカーオーナーを対象に企画・開発した車種別専用スピーカーパッケージです。本製品はボルトオン&カプラーオンで簡単・確実に装着できることを目指して設計されており、カーオーディオの音質をもっとも大きく左右するフロントスピーカーのみの交換で、純正装着のデッキやリアスピーカーなどを活かしながら音のグレードアップを図ることが可能*1。
独自のエンクロージュア(キャビネット)一体型ドアウーファーモジュールがスピーカーユニット背面からドア内部への音の放出を遮断し、従来のカーオーディオの宿命であった車外への音漏れ*2や内装材などの共振による音質劣化も大幅に抑制できます。加えて、将来お乗り換えの際には「SonicPLUS」から純正スピーカーに戻したり、別の同系車種への載せ替え*3も可能とするなど、車両の価値を損なわないよう配慮しました。

*1:弊社製品認定販売店(カーオーディオ専門店)では、「SonicPLUS」の高音質をさらに引き立てる多彩なグレードアッププランも用意しております。詳しくは販売店または弊社へご相談ください。
*2:純正リアスピーカーからの音漏れを抑制することはできません。
*3:取り外しや再装着を販売店に依頼される際には別途脱着工賃が発生します。

●特別企画品「SP-RAV4 L」「SP-RAV4 Lr」について
今回発売する 「SP-RAV4 L」「SP-RAV4 Lr」は、弊社の愛好家向けハイエンドラインである「プレミアムライン」用ウーファーモジュール(UNIT-N70F相当ウーファーモジュールにアルミ削り出し取付ブラケットを装着した専用品)の投入により、SonicPLUS史上最高音質*を実現した特別企画品です。ソニックデザインが誇るピュアアラミド振動板とソノキャスト・エンクロージュアがもたらすスケール豊かで自然な音色、レスポンスとエネルギー感との高度な融合をお楽しみください。ソニックデザイン純正ロゴバッジ(2個)も付属しています。

*「SonicPLUS THE CREST」を除くSonicPLUS製品史上最高の音質仕様、という意味です。

●「SP-RAV4 L」「SP-RAV4 Lr」主な特徴
1. ピュアアラミド・コーンウーファーとソノキャスト・エンクロージュアとを
組み合わせた高級ウーファーモジュール

弊社のハイエンドライン 「プレミアムライン」シリーズの「UNIT-N70F」をベースに、トヨタ RAV4専用取付ブラケットを装着した高級ウーファーモジュールを採用。冷凍保存された最高純度のピュアアラミド素材を贅沢に使用したソニックデザイン独自のピュアアラミド振動板や大型フェライトマグネットによる大容量磁気回路を投入した小型高性能77mmウーファーユニット、モジュールの共振やモジュール内外での音の回折現象を排除してクリアな中低音再生を実現するソノキャスト・エンクロージュアが再生限界を拡大し、サイズを超越したスケール豊かで自然な音色をお楽しみいただけます。またフルエンクロージュア方式の採用により、車外への音漏れ*や走行時の気圧変化に起因する音質への影響も低減しています。

*純正リアスピーカーからの音漏れを抑制することはできません。


2. 情報量あふれる高音を生み出すピュアアラミド振動板採用トゥイーター&
ハウジング一体型トゥイーターモジュール「AC トゥイーター」(SP-RAV4 Lのみ)

トゥイーター部には、ピュアアラミド振動板とナローギャップ・モーターシステムとを組み合わせた18mm ドームトゥイーター=SD-T18F型を採用しました。「プレミアムライン」で実績を積んだ最高品質のピュアアラミド素材と高密度ネオジウムマグネットによる強力な磁気回路が、情報量あふれる伸びやかな高音を生み出し同時にウーファーとの音色統一も徹底させています。また、アコースティックコントロールハウジング一体型トゥイーターモジュール「AC トゥイーター」との組み合わせにより、有害な反射音を最適に拡散・吸音し、よりスムースで自然な高音再生を実現しています。


3. ハイパス/ローパス独立式の高性能ネットワーク(SP-RAV4 Lのみ)

プレミアムライン用ウーファーモジュールの特性を遺憾なく発揮させる専用設計の高性能クロスオーバーネットワークを付属。トヨタ RAV4の車室内音響特性を最大限に活かせるよう定数などを最適にチューニングするとともに、回路基板を制振効果の高い樹脂チューブで小さく固めることで走行中の振動の影響や湿気などによる劣化を排除し、ドア内への設置作業も容易にしています。


4. 簡単・確実な取り付けで車両の価値も損なわない車種別専用設計

車両の価値を損なうことなく簡単・確実に装着できる*車種別専用設計。将来お乗り換えの際の現状復帰(別途工賃が発生します)も容易に行えます。

*「SonicPLUS」は、取り付け作業を販売店にご依頼いただくことを前提に開発された製品です。弊社では、お客様ご自身による車両の分解やオーディオ取り付け作業などを推奨しておりません。また、「SonicPLUS」にはお客様向けの取付説明書類を付属しておりませんのでご了承ください。


5. オーナーの証、「ソニックデザイン純正ロゴバッジ」を付属

弊社のロゴがアルミニウム無垢のベースに浮き彫りになった精巧なデザインで、表面には手作業でのダイヤカット加工を施しました。音質や美観に影響を与えることなく車内にワンポイントの輝きを添える小さなサイズもソニックデザインらしい特徴となっています。


●「SonicPLUS」トヨタ RAV4(50系)専用モデル既発売製品一覧(2019年9月現在)
今回発売するリミテッドモデル「SP-RAV4 L」「SP-RAV4 Lr」のほか、以下6機種をラインアップしています。

スピーカーパッケージ「SP-R50F」
トヨタ RAV4(50系)専用トップグレードモデル フロント専用
本体価格 :19万8,000円(セット)+税 取付費別
推奨取付時間:2.0H

スピーカーパッケージ「SP-R50M」
トヨタ RAV4(50系)専用ハイグレードモデル フロント専用
本体価格 :10万5,000円(セット)+税 取付費別
推奨取付時間:2.0H

スピーカーパッケージ「SP-R50E」
トヨタ RAV4(50系)専用スタンダードモデル フロント専用
本体価格 :6万1,000円(セット)+税 取付費別
推奨取付時間:2.0H

スピーカーパッケージ「SP-R50RF」
トヨタ RAV4(50系)専用トップグレードモデル リア専用
本体価格 :13万1,000円(セット)+税 取付費別
推奨取付時間:1.0H

スピーカーパッケージ「SP-R50RM」
トヨタ RAV4(50系)専用ハイグレードモデル リア専用
本体価格 :7万2,000円(セット)+税 取付費別
推奨取付時間:1.0H

スピーカーパッケージ「SP-R50RE」
トヨタ RAV4(50系)専用スタンダードモデル リア専用
本体価格 :3万5,000円(セット)+税 取付費別
推奨取付時間:1.0H


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新キャラクターのデザイン(画像: ヤマトホールディングスの発表資料より)
  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース