2019-09-12 15:00:00

三菱重工航空エンジン、787型旅客機に搭載されるTrent1000エンジンのIPCモジュールを換装

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Motors

TOKYO, Sept 12, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱重工グループの三菱重工航空エンジン株式会社(MHIAEL、社長:島内 克幸、本社:愛知県小牧市)は、全日本空輸株式会社(ANA)が運航するボーイング社の最新中型ジェット旅客機「787」に搭載する英国ロールス・ロイス社製エンジン「トレント1000(Trent1000)」に装備されている中圧圧縮機モジュール(IPCモジュール(注))の換装作業を受注、9月11日に換装後のエンジンを初めて出荷しました。MHIAELは永年にわたりANAが所有する米国プラット・アンド・ホイットニー社製エンジン「PW4000」のモジュール整備作業を受託しており、これまでの整備実績や同社との関係が評価され、今回の換装作業受注につながったものです。

換装作業は、MHIAELが本社工場を置く三菱重工業 名古屋誘導推進システム製作所の認定事業場敷地内は当面繁忙期が続くことから、三菱重工グループの航空・宇宙事業における協力企業である東明工業株式会社(本社:愛知県知多市)の知多工場および知多北工場に確保した作業エリアで実施しています。ANAからTrent1000エンジンを受領後、それを分解し、既存のIPCモジュールを取り出し改修型IPCモジュールに交換装着、エンジンを再び組み立て、ANAに返送します。初出荷に先立つ9月10日には、現地でANA関係者の臨席もあおぎ出荷式典を開催しました。

787はドリームライナー(Dreamliner)と呼ばれ、中型機としては航続距離が長く、ボーイング社が誇る次世代型ジェット旅客機です。2004年にANAが世界で初めて50機を発注してローンチカスタマー(Launch Customer:新規開発の後ろ盾となった航空会社のこと)となった機種であり、搭載されているTrent1000エンジンにはMHIAELも開発段階からプログラムパートナーとして参画しています。

MHIAELは、航空エンジンのMRO(修理・整備:Maintenance, Repair, Overhaul)事業を今後の企業成長における支柱の一つに育成していくことを目標に掲げており、今回の換装作業受注もこの路線に沿った事業領域の拡大につながるものです。MHIAELは今後も、航空エンジンの開発・製造・MRO事業における技術力や信頼性の向上に研鑚を積み、日本における航空エンジン産業の発展に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/19091202.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース