「ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会」開催都市におけるラグビーの普及を支援 大分県の小学校へラグビーボールを寄贈

プレスリリース発表元企業:三菱地所株式会社

~1年間で12の自治体へ合計約10,000個のラグビーボールを寄贈~

 三菱地所株式会社は、「ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会(「以下、ラグビーワールドカップ2019」)」のオフィシャルスポンサーとして、大会開催都市の一つである大分県におけるラグビーの普及を支援するため、300個のラグビーボールを大分県の小学校等に寄贈します。寄贈にあたり、2019年9月5日(木)に大分県庁にて贈呈式を執り行いましたのでお知らせいたします。尚、寄贈するラグビーボールは県内の小学校256校及び県内のラグビースクール8チームで使用される予定です。



 日本全国12カ所で開催されるラグビーワールドカップ2019では、これを契機にラグビーがより地域に根付き、大会を通じて地域社会が発展することが望まれています。三菱地所は、この理念に共感し、ラグビーの普及活動を通じて、大会の機運醸成を図るだけでなく、社会貢献及び地域創生の一助となるべく、今回の取り組みを推進してまいりました。三菱地所は、今回の寄贈により、全国12の自治体への寄贈を果たしました。寄贈したラグビーボールの合計は約10,000個です。

■贈呈式の概要
日 時:2019年9月5日(木)12時40分~13時00分
場 所:大分県庁舎本館
受贈者:大分県 知事 広瀬 勝貞
寄贈者:三菱地所株式会社 会長 杉山 博孝
贈呈品:ラグビーワールドカップ2019当社名ロゴ入りラグビーボール 300個
    ※小学校の教育科目となっているタグラグビーに使用できる4号球サイズ

 三菱地所は、ラグビーワールドカップ2019オフィシャルスポンサーとして、今後も大会成功に向け、様々な取り組みを実施してまいります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16002/46/resize/d16002-46-280215-0.jpg ]



TM(C)Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.


■寄贈した自治体


[画像2: https://prtimes.jp/i/16002/46/resize/d16002-46-410681-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/16002/46/resize/d16002-46-652738-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/16002/46/resize/d16002-46-139059-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/16002/46/resize/d16002-46-751925-4.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース