定住しないスタイルの「アドレスホッパー」利用者が1,000名突破!物件を自由に移動できるクロスハウスで増加傾向

プレスリリース発表元企業:株式会社クロスハウス
外観

男女比グラフ

部屋タイプグラフ

この度、サブスクリプション(定額)型住居サービス「クロスハウス」を提供している株式会社クロスハウス(東京都渋谷区、代表取締役:鳥井 淳史)が「アドレスホッパー」での利用が1,000名突破したことを、ご報告いたします。当社はサブスクリプション型で、どの物件でも移動が無料のコリビング(共有居住空間)サービスを提供しております。「クロスハウス」サービスの特徴は、(1)サブスクリプション型で、(2)物件間を無料で移動ができ、(3)コリビングを持つシェアハウス型という点です。物件間を移動ができるという特徴から「アドレスホッパー」での利用が増加傾向になっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/LL_img_193091_1.jpg
外観

クロスハウス: https://x-house.co.jp


【アドレスホッパーとは】
新しい生活のスタイルとして選択する人も出てきています。
アドレスホッパーとは、定住にこだわらず、旅行のように生活するスタイルの事です。現在、若者の間でも認知度が上がってきており、新たな生活スタイルとしても選択する人も出てきています。


【アドレスホッパーとして利用する人はどんな人なのか】
男性だけでなく、女性にも受け入れられている傾向があります。
当社の数値データから分かるアドレスホッパー像の特徴は以下の通りです。

■平均数値に関して
平均年齢は、27.2歳になっており、20代中盤のライフタイルに変化が多い時期に利用される傾向にあります。平均滞在期間は331日で、ホテルや民泊に比べて長期的な宿泊として選択している方が多くなっています。平均家賃は4万8,000円で、比較的リーズナブルな価格帯を選択しています。

■割合比較に関して
男女比に関しては、男性だけでなく女性も4割程度、移動サービスを利用しております。部屋タイプはドミトリー(相部屋)タイプが4割となっており、荷物自体をコンパクトにしているライフスタイルが背景にあるようです。国籍は新しい文化に保守的な日本人が6割を占めており、若者に関してはアドレスホッパーが一つの選択肢として受け入れられている可能性があります。職業に関しては、アドレスホッパー=自由=フリーター、フリーランス、自営業の印象がありますが、正社員で27%、学生でも25%の利用がされております。定まった場所に通勤通学する人でも、住まいを変えるという概念があることが確認されました。

<男女比グラフ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_2.png
<部屋タイプグラフ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_3.png
<国籍グラフ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_4.png
<職業グラフ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_5.png


【アドレスホッパーが利用するクロスハウスとは】
関東の物件が住み放題、移動し放題のサービスです。
「クロスハウス」サービスは、今までの賃貸契約の概念を覆す画期的なサービスです。今までは、一度、賃貸借契約をすると何年も住み続けないといけないというものが常識でした。「クロスハウス」サービスでは、管理物件内の3,500室であれば、移動が無料で行えます。転職や就職、学校の入学などでライフスタイルが変わった場合には非常に便利なサービスです。もちろん、気分転換のために部屋を移動したいという場合でも当サービスが利用できます。

<エリア画像>
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_6.jpg


【利用方法】
初期費用3万円を払えば、どの物件でも移動ができるようになります。
「クロスハウス」の利用手続きは、物件探しから契約までをWEB上で行われるサービスになります。従来の不動産では、賃貸借契約書や重要事項説明など部屋を借りる際に対面での契約が必要でしたが、当社は対面での契約を不要とし、WEBでの契約が可能です。

<携帯の画像>
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_7.jpg


【手続き方法】
(1)WEB上から希望物件を選んで、必要情報を記入します。

(2)担当者が物件の説明を行います。

(3)WEB上にて契約を行い、入金後、契約になります。
※物件によっては鍵渡しがございます。


【商品の説明】
東京で家賃2万円台から提供しています。
「クロスハウス」サービスは、都内を移動ができるだけでなく、家賃2万円台から東京に住める若者に優しい物件を提供しています。また、価格も家賃と光熱費がサブスクリプション(定額)のため、安心して利用が可能です。サービスエリアは東京だけでなく、神奈川県、埼玉県にもエリアを拡大しております。
また、部屋の移動だけでなく、部屋タイプの変更(移動)も無料で行えます。部屋タイプのラインナップは、シェアドアパートメント、シェアハウス(個室、セミプライベート、ドミトリー)、家具付きワンルームになっております。

<特徴、サービスの画像>
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_8.jpg
<各タイプの画像>
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_9.jpg


【商品】
●シェアドアパートメントタイプ
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_10.jpg
価格 :3万円~
共益費:1万円
特徴 :シェアハウスとアパートメントとの中間商品です。具体的には、部屋にはテレビ、冷蔵庫、ベッドが標準装備で、水回りのみ共有のタイプです。リビングがないタイプです。

●シェアハウス(個室タイプ)
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_11.jpg
価格 :4万円~
共益費:1万円
特徴 :シェアハウスの個室で、共有リビングがあります。リビングには、テレビ、冷蔵庫が設置されています。

●シェアハウス(セミプライベートタイプ)
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_12.jpg
価格 :3.98万円
共益費:1万円
特徴 :シェアハウスのセミプライベートで、共有リビングがあります。個室よりも狭くなりますが、その分、価格が安くなります。リビングには、テレビ、冷蔵庫が設置されています。セミプライベートタイプの中には、半個室タイプ、シェアルームタイプ、ロフトベッドタイプがあります。

●シェアハウス(ドミトリータイプ)
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_13.jpg
価格 :2.98万円
共益費:1万円
特徴 :シェアハウスのドミトリータイプ(2段ベッド)で、共有リビングがあります。セミプライベートタイプよりも狭くなりますが、その分、価格が安くなります。リビングには、テレビ、冷蔵庫が設置されています。

●家具付きアパートメント
https://www.atpress.ne.jp/releases/193091/img_193091_14.jpg
価格 :7万円~
共益費:なし。ガス水道などは各自で契約するタイプです。
特徴 :家具家電付きのアパートメントタイプです。冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、ベッドが標準装備で、上京される方に喜ばれるタイプです。


【今後の展開】
今後は、日本だけでなく、海外でも使えるようにしたい。「世界をクロスする」それが私たちのミッションです。
当社代表は、「これから、関東だけでなく、全国や海外でも無料で移動ができる部屋を提供していきたいと考えています。それが経済の活性化につながり、新しい住まいの形として定着させること“世界をクロスする”という事が私たちのミッションです。


【動画「世界をクロスする」URL】
https://www.youtube.com/watch?v=2L5daf78D2A


【会社概要】
社名 : 株式会社クロスハウス
本社所在地: 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-57-6 グランフォーレB1F
代表 : 代表取締役 鳥井 淳史
設立 : 2007年
資本金 : 10,000,000円
事業内容 : シェアハウス運営・管理
URL : http://x-unit.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ウェブリオの発表資料より)
  • ジャガー・I-PACE(画像: ジャガー・ランドローバーの発表資料より)
  • マツダCX-5「TOUGH-SPORT STYLE」アクセサリーパッケージ装着車(画像:マツダ発表資料より)
  • SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT(写真:日産自動車の発表資料より)
  • イチョウ並木育成イメージ(画像: グンゼの発表資料より)
  • 軽の元祖とも云うべきキャロルにもツートーンカラーの設定があった ©sawahajime
  • 700系新幹線 (c) 123rf
  • 土星の近くを通るパイオニア11号のイメージ図。(c) NASA Ames
 

広告

ピックアップ 注目ニュース