タピオカミルクティーの次は“台湾エビ”ブームが来る! 真空低温フライでカリカリの食感「エビおじさん」の販売を9月1日スタート

プレスリリース発表元企業:合同会社灶垰
タピオカミルクティーの次は“台湾エビ”ブームが来る! 真空低温フライでカリカリの食感「エビおじさん」の販売を9月1日スタート

タピオカミルクティーの次は“台湾エビ”ブームが来る! 真空低温フライでカリカリの食感「エビおじさん」の販売を9月1日スタート

タピオカミルクティーの次は“台湾エビ”ブームが来る! 真空低温フライでカリカリの食感「エビおじさん」の販売を9月1日スタート


台湾で大人気の商品で、シンガポール・香港・マレーシアでも好評です。お菓子やおつまみとして、スープやサラダのトッピングとしてもご利用いただけます。

日本と台湾とのかけ橋になること目指して本年八月に設立された合同会社灶垰(ズァオカ)は9月1日(日)、「エビおじさん」の日本での販売を開始しました。真空低温フライの食品加工技術を用いて、エビのカリカリの食感を実現。お菓子やおつまみとしてのみならず、スープやサラダのトッピングとしてもご利用いただけます。

▼合同会社灶垰|公式サイト:https://zaokaformosa.shopselect.net


■抗生物質等の薬物不使用で育てた安全な養殖台湾エビを使用

「エビおじさん」は真空低温フライで調理、保存をするため、カリカリの食感を維持しながらも衛生的で日持ちがよい食品として、台湾では多くの方が食べている食品です。従来のフライ食品とは異なり脂っこさがなく、ヘルシーで、若い女性にも「シンプルでおいしい」、「手を汚さずに食べられる」と好評を得ています。

台湾ではエビを釣る「釣蝦場」が各地にあります。釣ったエビをその場で食べられるようになっており、台湾人にとって台湾エビは大変メジャーな食材です。その風味を真空低温フライにしてお届けします。原材料となる台湾エビには、養殖の際に抗生物質等の薬物は一切使用していません。また、東南アジア各国のエビ養殖とは違い、収獲後にそのまま出荷するのではなく酸素を体内循環させて排泄物を排出させてから加工するという重要なプロセスを行っています。このプロセスは時間もかかり、エビの重量も3~5%なくなる為、行っている業者は少ないのですが、消費者に安心してお召し上がっていただくことができます。台湾でも現地の収入で考えると高めな価格帯にも関わらず非常に売れているのは、品質の良さを認められているからです。

内容量は、1つのボックスに10パック入り、5500円(税込)です。ボックスは立方体に近い直方体(17センチ×18センチ×19センチ)で、台湾らしい赤地に金色の文字・模様が施してあります。


台湾では既に贈答品ブランドとして大人気で、すでに香港、シンガポール、マレーシアに進出しており、順調に売り上げを伸ばしています。

▼エビおじさん|公式サイト(中国語):http://www.uncle-shrimp.com


現在、日本ではタピオカミルクティーが大変な人気となっていますが、そのほかにも台湾には日本であまり知られていない多くの美味しい食品があります。灶垰は台湾のネットで話題、テレビなどのメディアでも取材されている、あるいは有名人が推奨する商品を日本に紹介する商社として設立しました。「エビおじさん」はその第一弾として自信を持ってオススメできる商品です。


灶垰は今後も台湾の優れた商品を日本に紹介していきます。今年の目標は台湾のネットで人気の食品を2種、日本で独占代理販売すること。以降、毎年3〜5種の食品を追加していく予定です。

今後も灶垰は、台湾にある優れた商品を日本にお届けするだけではなく、日本の優良商品も輸出し、両国の絆をさらに深め、相互理解につなげる活動をし、社会貢献を果たしていく考えです。


【合同会社灶垰について】
本社:〒191-0062 東京都日野市多摩平2-5-1
代表者:莊 孟翰
設立:2019年08月
電話番号:050-3628-1688
URL:https://zaokaformosa.shopselect.net
事業内容:
  日用品雑貨、食品の輸出入、卸及び販売
インターネットを利用した通信販売


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:合同会社灶垰(ズァオカ) 
担当者名:莊 孟翰
TEL:050-3628-1688
Email: info@zaoka.tokyo



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告