有機野菜の 「ビオ・マルシェの宅配」、オーガニックポーク生産者・Jude Becker氏と消費者交流イベントを開催

プレスリリース発表元企業:株式会社ビオ・マーケット
ジュード・ベッカー氏

農場

100%有機野菜の会員制宅配事業「ビオ・マルシェの宅配」を展開する株式会社ビオ・マーケット(大阪府豊中市 代表取締役社長:上野 正哉)は、2019年9月24日(火)にオーガニックポークの生産者ジュード・ベッカー氏(アメリカ合衆国・アイオワ州)を招いて、消費者との交流イベントを開催します。

生産者と消費者の「顔が見える関係」を大切にしているビオ・マーケットでは、野菜を購入していただくだけではなく、生産者との交流や農業体験を通じて、オーガニックへの理解を深めていただくため、毎年数々のイベントを開催しています。
今回のイベントでは、オーガニック畜産の第一人者でもあるベッカー氏に、アメリカ合衆国のオーガニック事情や、オーガニックポーク生産の取り組みについて、直接お話を伺います。また、オーガニックポークと有機野菜を使用したランチを提供し、オーガニックポークの美味しさも堪能していただきます。

〈Becker Lane Organic Farm. 農場主 ジュード・ベッカー氏〉
アメリカ・アイオワの肥沃な土地で、伝統的農法が先祖代々受け継がれるベッカー農場。ベッカー氏は、大学生の時にこの農場の150年にわたる農業史を振り返り、学び、そして祖先の意思と役割を引き継ぐ事を決意しました。オーガニック農法の第一人者となった今、テレビや雑誌などでも数多く取り上げられるようになりましたが、今日も農場でいつもと変わらぬ農作業をしています。ベッカー氏の農場は、公的機関の有機認定を受けています。

ビオ・マーケットは今後も、消費者の皆様にオーガニックへの理解を深めていただくことのできる様々なイベントを開催していきます。

〈概要〉
日 時:9月24日(火) 11時~13時(10時30分受付開始)
会 場:BROWN CAFE/BAR
〒534-0024大阪市都島区東野田町2-1-38京阪モール本館ノーステラス2F
各線京橋駅より徒歩2-3分

株式会社ビオ・マーケットは、有機農産物の小売・卸売事業で1983年の設立以来35年あまりの実績があり、有機農産物・有機加工食品の会員制宅配として国内最大規模の事業を展開し安心な食を提供するとともに、有機農業が持続発展する生産・流通システムの構築を推進しています。また、百貨店、量販店、専門店等への卸売販売に加え、直営の有機食品専門店として、さいたま市大宮区のビオ・マルシェ高島屋大宮店を展開しています。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告