【南海・京阪・近鉄沿線】各エリアの世界遺産をめぐるモデルコース「テーマでめぐる 大阪 京都 奈良世界遺産日帰りトリップ」をご提案します。

プレスリリース発表元企業:京阪ホールディングス株式会社
パンフレット表紙

南海電気鉄道株式会社(社長:遠北 光彦)と京阪ホールディングス株式会社(社長:石丸 昌宏)、近畿日本鉄道株式会社(社長:都司 尚)では、パンフレット「テーマでめぐる 大阪 京都 奈良 世界遺産日帰りトリップ」を制作し、2019年9月13日(金)から南海電車・京阪電車・近鉄電車の主要駅で順次配布します。
これは、今年7月に南海・近鉄沿線にある百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されたことをきっかけに、同じく世界遺産である下鴨神社などがある京阪沿線や、春日大社などがある近鉄沿線を含め、沿線の世界遺産を観光していただくことを目的として制作したものです。自転車やバス、徒歩でめぐる日帰りモデルコースを、手書きの温かみのあるイラストでご提案します。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193004/img_193004_1.png
詳細は以下のとおりです。

「テーマでめぐる 大阪 京都 奈良 世界遺産日帰りトリップ」概要
1.設置期間 2019年9月13日(金)~2020年3月31日(火)
2.設置箇所 南海電車・京阪電車・近鉄電車の主要駅
3.仕 様 A4サイズ 8ページ(表紙込)
4.記載内容 [南海]堺東駅、[京阪]出町柳駅、[近鉄]近鉄奈良駅を起点として、各エ
リアの世界遺産をテーマでめぐる日帰りモデルコースを設定。見どこ
ろや飲食店情報を交えて紹介します。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース