マジックソフトウェア・ジャパンとシムトップス、 イノベーションプラスと動画共有プラットフォームを 活用した製造・フィールドサービスソリューションで協業

プレスリリース発表元企業:マジックソフトウェア・ジャパン(株)
3社による情報連携ソリューションの概要 ~製造・フィールドサービス業務のデジタル化~ ―作業報告業務のペーパーレス、稼働率/生産性の向上、顧客満足度の向上―


マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
株式会社シムトップス   
株式会社イノベーションプラス


エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダー、マジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の日本法人である、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 敏雄 以下マジックソフトウェア)と株式会社シムトップス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:水野貴司、以下:シムトップス)、そして株式会社イノベーションプラス(本社:東京都港区、代表取締役:小坂 武史、以下:イノベーションプラス)は動画共有プラットフォームを活用した製造・フィールドサービスソリューションで協業を開始いたします。
本提携は2019年3月に発表した、データ連携プラットフォーム『Magic xpi Integration Platform(マジックエックピーアイ・インテグレーションプラットフォーム、以下 Magic xpi)』と「現場帳票」ペーパーレス化ソリューション『ConMas i-Reporter(コンマス・アイレポーター)』の顧客接点から管理までの情報連携に加え、動画配信プラットフォーム『BizDogaPlus(ビズドーガプラス)』の連携により、動画による作業品質向上を実現し、さらなるカスタマーエクスペリエンス/オペレーショナル・エクセレンスの向上に貢献してまいります。


画像 : https://newscast.jp/attachments/6jjtzXwRxXzAgl7tuzEM.png
3社による情報連携ソリューションの概要 ~製造・フィールドサービス業務のデジタル化~ ―作業報告業務のペーパーレス、稼働率/生産性の向上、顧客満足度の向上―


背景


昨今は企業のクラウドおよびスマートデバイスの爆発的な普及により、製造・フィールドサービス業務では顧客・現場情報管理はクラウドサービスを利用し、現場担当者の情報登録はスマートデバイスから、という利用形態が進んでおります。
製造・フィールドサービス業務の成功は社内オペレーターと現場担当者間の正確かつスムーズな情報共有がポイントであり、フィールドサービスの現場では、直観的で分かりやすい作業マニュアル、お客様の声や状況などの記録にあたり、より使いやすい電子帳票を、そして社内オペレーターおよび管理者は正確かつ迅速な現場との情報連携を求めております。


パートナーシップの内容


ConMas i-Reporterの顧客接点情報と帳票機能、BizDogaPlusの持つ動画マニュアルと動画による現場レポート、フィールドサービスマネジメントが保持する顧客情報が繋がることで、カスタマーエクスペリエンスとフィールドサービスの活動品質が向上します。
顧客情報基盤のフィールドサービスマネジメントと、使い慣れた帳票で直感的な操作ができるConMas i-Reporter、そして様々なサービスに動画のアップとストリーミング配信を組み込めるBizDogaPlusをMagic xpiを介して、データ連携することにより、現場~コールセンター間を横断したデータの可視化、より高い品質・より高い生産性を目指したサービスの提供など、製造・フィールドサービス業務における働き方改革を推進することができます。
マジックソフトウェア・シムトップス・イノベーションプラスは、3社協業の第一段として、Magic xpiを通じた製品の連携検証を実施いたしました。
この連携検証により、製造・フィールドサービス分野でのDX(デジタル・トランスフォーメーション)について広く市場へ訴えられるソリューションであると感じているため、その活用方法についてのセミナーを開催いたします。


セミナー開催について


2019年10月16日(水)に「管理業務と現場業務の両立!?~今さら聞けないDXの始めかた(Salesforce編)~」と題し、業務部門と管理部門それぞれの課題を例にあげながらのパネルディスカッションを行います。
後半では実際に本ソリューションを用いたDXにより、どのように業務が変革するのか、どのような対応でそれが実現するのかなどご説明の上、参加者様からの質問や悩みを元にしたディスカッションも予定しています。


セミナー詳細サイト : https://www.bdoga.jp/seminar_detail/20191016_seminar.php


開催概要
名称 :管理業務と現場業務の両立!?
  ~今さら聞けないDXの始めかた(Salesforce編)~
会期 :2019年10月16日(水) 14:45開場 15:00開始 17:00終了
会場 :イノベーションプラス地下1階セミナールーム 〒107-0052 東京都港区赤坂8-5-41イースタン青山ビル地下1階
対象者 :DXに興味や課題のあるSalesforce利用企業または検討企業様
参加費 :無料 ※当日は名刺のご用意をお願いいたします。
定員 :25人
主催 :マジックソフトウェア・ジャパン株式会社・株式会社シムトップス・株式会社イノベーションプラス


ConMas i-Reporterについて


https://conmas.jp/
『ConMas i-Reporter』は、あらゆる現場で行われている紙帳票を使用した記録・報告・閲覧を、iPad、iPhone、Windowsタブレットを使用した現場完結型の全く新しいスタイルへと変える電子帳票ソリューションです。2019年7月末現在、1,637社75,915ユーザーの導入実績となり、「現場帳票」ペーパーレス化ソリューションでシェアNo.1となっております。 ※1 出典:富士キメラ総研発行 月間BT2019年7月号 現場帳票ペーパーレス化ソリューション市場調査
事務所に戻ってから行っていた集計作業、報告書の作成やシステムへの転記をなくし、全ての作業を現場でタブレットやスマートフォンから完結できます。記入した帳票データを現場からサーバーへアップロードするだけで、関連するシステムへの連携など全ての記録・報告がリアルタイムに共有できます。管理者はPCやモバイルのWebブラウザから簡単に記録・報告を検索、参照や編集、承認が可能となります。


株式会社シムトップスについて


http://www.cimtops.co.jp/
シムトップスは、1991年に国産生産スケジューラ専門会社としての草分けとして誕生しました。
多くのお客様での生産スケジューリングや工程管理システムの構築、運用を通して得たノウハウを製品にフィードバックしながら、製造現場で使える生産スケジューラ、工程管理システム、IoTデータ収集ソリューション、iPad、iPhone、Windows電子帳票ペーパレスソリューションなど真に現場で使えるパッケージ製品を開発しています。
本社所在地 :東京都目黒区中目黒二丁目6番20号 京急イマスビル6階
代 表   :代表取締役 水野 貴司
事業内容  :
個別受注生産向け生産スケジューラ、生産管理システムDIRECTORの開発/販売
ペーパーレス『現場』 帳票ソリューションConMas i-Reporterの開発/販売
既存の機械設備をIoT化し、稼動状況を収集・監視・集計・分析 MC-Web CONTROLLERの開発/販売
E-BOMと連携しM-BOM・製造プロセスの検討作成用BOPプロセスエディタMPPCreatorの開発/販売


BizDogaPlusについて


https://bdoga.jp/
『BizDogaPlus』は、業務に必要な操作方法や動作・手順などの「マニュアル動画」や、現場の状況を正確に伝えるレポート・状況報告の「レポート動画」をスマートフォンやスマートグラスなどで撮影して、視聴できる現場と管理の双方向のやりとりを行える動画プラットフォームです。
写真とテキストだけでは動作がわかりにくいことを解決し、正確な音の確認などにも使えるBizDogaPlusは現場での技能伝承の工数を削減し、業務効率化を助けます。また現場を撮影してもらうことで、遠方でも正確に状況の理解ができ、移動工数の削減からお客様のビジネスのスピードを早め、コストの削減を実現します。


株式会社イノベーションプラスについて


https://www.innovationplus.jp/
イノベーションプラスは“モバイル”、“スマート”、“クラウド”と日々変わり行く多様な技術を活用して、企業が新規事業や新しいサービスにおいて“イノベーション”を起こすことを支援する活動を行っています。
本社所在地  : 東京都港区赤坂8-5-41イースタン青山ビル5F
代 表    : 代表取締役 小坂 武史
事業内容   : BizDogaPlusの開発・運用/販売業務、BtoB向けスマートフォン/タブレットサービス開発、NFC/BLEなどのコミュニケーションツールを活用するシステム開発、システム開発受託


Magic xpi Integration Platformについて


https://www.magicsoftware.com/ja/integration-platform/xpi/
社内外に分散している様々なシステムやサービスが保有するそれぞれ異なるデータを、連携・同期・統合するシステム連携(EAI)ソリューションです。Magic xpiには、66種500機能以上(※)のアダプタ・コネクタ群が提供されているため、簡単で直感的なユーザーインターフェースからドラッグアンドドロップでシステム連携フローがデザインできます。またインメモリ技術のミドルウェアを標準搭載し、実行サーバーのスケールアウトと冗長構成を容易に構築できるため、24時間365日ノンストップでかつハイパフォーマンスなシステム連携基盤を提供します。 ※2019年3月時点


マジックソフトウェア・ジャパン株式会社について


https://www.magicsoftware.com/ja
イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)100%出資による日本法人です。超高速開発ツール「Magic xpa」と、システム連携プラットフォーム「Magic xpi」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。
現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。
本社所在地 : 東京都新宿区北新宿二丁目21番1号 新宿フロントタワー24階
代 表   : 代表取締役社長 佐藤 敏雄
事業内容  : 開発ツール分野 :Magic xpa、および関連製品の仕入/製造、販売業務
連携ツール分野 :Magic xpiの仕入/製造、販売業務
プロフェッショナルサービス:ツール製品の教育、サポート業務 他




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース