ブライソン、法人スマホアプリ事業者向け『スマホアプリSDL対応開発支援サービス』を開始

プレスリリース発表元企業:ブライソン株式会社



ブライソン株式会社 (本社: 横浜市中区、代表取締役社長 橋満 ⼠郎、以下︓ブライソン)は
法人スマホアプリ事業者向けにスマートフォンとクルマとをつなげる
「SmartDeviceLink/スマートデバイスリンク」(以下、SDL)に対応するスマホアプリを
SDL対応化する開発支援サービスを開始しました。

ブライソンはこれまでSDL車載器の試作機、共同開発を推進してきました。SDL搭載車載器の発売、
開発推進により連携するスマホアプリをSDL対応化させるニーズの高まりを受け、
今回の開発支援サービス提供を開始しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/26472/18/resize/d26472-18-490963-0.jpg ]

        ※赤枠内が開発支援範囲


既存のスマホアプリをSDL対応させるには
既存スマホアプリにSDL-SDKを組込むことで、H/U側とSDLを利用した機能連携が可能となります。
弊社では、既存アプリからSDL-SDKへのIF呼出し、SDL化に伴う既存アプリ変更等の実装だけではなく、
SDLでの機能実現可否、実現性検討、代替仕様案等の要件定義フェーズからの開発支援も実施。

SDLのノウハウ、知見がなくても大丈夫
SDLのノウハウや馴染みのない、スマホアプリ事業者様も既存アプリの『SDL対応化支援サービス』を
利用することでSDL知見の習得が不要となり、スマホアプリのマーケット領域の拡大、
開発期間の短縮に繋がります。

車載器特有のノウハウをカバー
弊社にて、車載器特有の機能制限や動作などを考慮した開発支援を実施し、
スマホアプリ事業者様の課題を解決していきます。

ブライソンは、SDL開発支援サービスによりSDL世界観の普及、エコシステム作りに繋げ、
オーナードライバーの車載空間の利便性向上に役立てたいと思います。

※本開発支援サービス提供は、法人事業者様のみを対象としております。

◆商標について
・SmartDeviceLinkは、SmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標です。
・Androidは、Google LLCの商標、または登録商標です。
・iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/26472/18/resize/d26472-18-769992-1.jpg ]

【ブライソン株式会社】
URL:https://www.brison-inc.jp/

【お問い合わせ先】
ブライソン株式会社 R&D事業部
e-mail:marketer@brison-inc.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース