令和元年度「宇都宮市民シティプロモーション支援事業」支援対象2団体が決定!

プレスリリース発表元企業:宇都宮ブランド推進協議会

 宇都宮市をはじめ、地域の経済・まちづくり団体や市民等で構成する宇都宮ブランド推進協議会は、令和元年度「宇都宮市民シティプロモーション支援事業」の支援対象団体を決定いたしましたので、お知らせいたします。
 当事業は今年で4年目を迎え、審査の結果、このたび事業者2団体を支援対象として決定いたしました。
支援対象2団体の詳細つきましては、裏面の別紙をご参照ください。



1.事業の概要
 本事業は,宇都宮ブランド戦略指針に掲げる「市民の誇りの醸成」と「市外からの憧れ(来訪意欲)」をより一層促進するために,市民自らが新しい視点で宇都宮の魅力を発見・発信する事業で,波及効果が期待できる活動を支援するものです。本年は,各種メディアや調査で全国上位に度々取り上げられる「共働き子育てしやすい街」「住みよさ」「SDGs(持続可能な開発目標)先進度」といった宇都宮市の魅力を発見・発信する事業を支援します。


[画像1: https://prtimes.jp/i/35712/16/resize/d35712-16-764420-1.jpg ]


2.審査
 ・一次審査(書類審査): 8月9日(金)
 ・二次審査(プレゼンテーション審査):8月20日(火)

3.応募総数
 2団体(事業者2社)

4.支援対象団体
 2団体
 ・(株)マイナビ 栃木支社
 ・宇都宮酢っきりブランド協議会
 ※各団体の事業概要は裏面の別紙を参照

5.支援対象期間:令和元年9月上旬~令和2年3月31日
[画像2: https://prtimes.jp/i/35712/16/resize/d35712-16-906836-0.png ]


6.支援内容
 (1) 補助金の交付
 (2) ホームページなど各種媒体、プレスリリースなどを活用したPR支援
 (3) 宇都宮市民シティプロモーションゴールドマークの交付
 (4) 宇都宮市民シティプロモーションアドバイザーによる定期的な支援

7.今後のスケジュール(予定)
 9月上旬~ 各団体による事業開始
 9月中旬~ 各団体への活動支援
 3月に事業報告会も実施予定

■実施主体:宇都宮ブランド推進協議会(会長 古池弘隆)

■その他:事業の詳細については以下URLよりご確認下さい。
 地域ブランドNEWS:(https://news.tiiki.jp/articles/4395

■令和元年度 支援対象団体の事業概要
No.1.
団体名:(株)マイナビ 栃木支社
事業名:働くママの「これ欲しかった」が詰まっている!! 子育てに優しい街「宇都宮」特集
内容:
 Webサイト『マイナビウーマン子育て』(https://woman.mynavi.jp/kosodate/)上で、「共働き子育てしやすい街宇都宮市」の制度や、宇都宮市で活躍する人たちを取り上げ、宇都宮市の魅力をPRするとともに、働くママさんたちをサポートする情報を掲載する。

No.2.
団体名:宇都宮酢っきりブランド協議会
事業名:宇都宮酢っきりブランドプロジェクト
内容:
 もろみ酢を活用した新しいご当地ハイボール「宇都宮酢っきりハイボール」とご当地グルメ「宇都宮とんたん焼」の提供を通じて、市外からのヒトの動きを活発にし、住みよい街5年連続1位の宇都宮のPRを市内外に向けて行う。
 また、観光客・出張族の夜の滞在時間延長と宿泊促進を実現させる。
 この活動により市外からより多くの観光客を呼び込み、首都圏からの利便性と住んでみたくなる啓発活動をする。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク