新型Audi RS 5 Sportbackを発売

プレスリリース発表元企業:アウディ ジャパン 株式会社

美しいデザインと実用性を兼ね備えたAudi A5 Sportbackをベースとした初のRSモデル/新開発の2.9リットルV6ツインターボエンジンは最高出力450PS、最大トルク600Nmを発揮



アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、Audi A5シリーズの中で最も高い人気を誇る4ドアクーペ Audi A5 Sportbackをベースとした初のRSモデル、Audi RS 5 Sportbackを、8月27日(火)より全国のAudi Sport店(33店舗、現時点)及びアウディ正規ディーラー(126店舗、現時点)を通じて発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22539/231/resize/d22539-231-141471-2.jpg ]

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

Audi RS 5 Sportbackは、Audi R8やAudi RS 6など、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるAudi Sport GmbHが手がけたAudi A5シリーズのトップモデルです。1994年に初めてのRSモデルが誕生して以来、今年で25周年を迎え、このAudi RS 5 Sportbackは最新のRSモデルです。

エンジンは最高出力331kW(450PS)、最大トルクは600Nmを発揮する新開発の2.9リットルV6 ツインターボ2.9 TFSIを搭載。8 速ティプトロニックトランスミッションとquattro (フルタイム4WDシステム)を組み合わせます。DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付スポーツサスペンションプラスや、さらにリヤアクスルには左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを標準装備とすることで大パワーを確実に路面に伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現します。またアウディ独自の燃焼方式であるBサイクルの採用により、11.2km/リットル(JC08モード)の低燃費を両立します。

エクステリアでは、下部にquattroのロゴを配した専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、さらに専用の前後バンパーやリヤディフューザーを採用することで、RSモデルらしく、より一層スポーティさを強調しています。またマットアルミニウムルックとグロスブラックの2種類のカーボンスタイリングパッケージなど、豊富なオプションも用意。標準装備のマトリクスLEDヘッドライトはカラーベゼルを採用することで、他のグレードとの差別化を図っています。また伝説のマシンAudi quattroを彷彿とさせるブリスターフェンダーもRS 5 Sportbackの特徴で、全幅は標準モデルに比べて15mm拡大しています。20インチの5アームトラペゾイダルデザイン グロスアンスラサイト ブラックポリッシュト アルミホイールを標準装備。強力なセラミックブレーキもオプション設定しています。

インテリアはスポーティかつエレガントなもので、ダイヤモンドステッチングが施されたファインナッパレザーのSスポーツシートや、アルミニウムレースのデコラティブパネルを配しています。またステアリングやセレクターレバー、センタコンソールサイドにアルカンターラを採用し、シートベルトも合わせて赤いステッチが施されたRSデザインパッケージをオプションで用意しています。

インフォテイメントシステムも最新のもので、メーターパネル内に設置された12.3インチのTFT(液晶)ディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめとする様々な情報を表示できるアウディ バーチャル コックピットを標準装備。また、アウディプレセンスシティ(衝突被害軽減セーフティシステム)をはじめ、数々の最新安全技術とアシスタンスシステムも搭載しています。

車両本体価格

[画像2: https://prtimes.jp/i/22539/231/resize/d22539-231-170676-5.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース