英語村で「夏の一般公開」を開催 ~英会話+αで楽しい時間を過ごしませんか~

プレスリリース発表元企業:学校法人近畿大学
昨年の一般公開の様子

近畿大学英語村E3[e-cube](イーキューブ)(大阪府東大阪市)は、令和元年(2019年)9月5日(木)~11日(水)、施設の一般公開を実施します。通常は近畿大学生のみ入村可能ですが、一般公開期間中は高校生以上の方ならどなたでも入村いただけます。また外国人スタッフとのフリートークや日替わりで開催されるアクティビティにも無料で参加可能です。

【本件のポイント】
●英語の授業とは違うカジュアルな雰囲気で、自由に英会話を楽しむことができる
●昨年は高校生から年配の方まで、約590人の幅広い年齢層の方が入村
●楽しみながら英語を学ぶだけでなく、地域交流、異世代交流の場としても好評

【本件の内容】
近畿大学英語村E3[e-cube]では地域貢献の一環として、大学の長期休暇を利用し、一般の方に英語村を解放しています。英語の授業とは違うカジュアルな雰囲気で、外国人スタッフとのフリートークや日替わりのアクティビティを楽しみに、毎回多くの方が英語村を訪れています。幅広い年齢層、さまざまな職業の方の情報交換・意見交換の場としても人気があり、好評をいただいています。

【開催概要】
日  時:令和元年(2019年)9月5日(木)~11日(水)※土日は除く
     午前の部10:00~12:30 午後の部13:00~15:30
     (午前か午後、どちらかのみ参加可能、午前・午後完全入替制)
場  所:近畿大学東大阪キャンパス 英語村E3[e-cube]
     (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
対  象:高校生以上の一般の方(入場無料、予約不要)
お問合せ:近畿大学英語村E3[e-cube] TEL(06)4307-3082

【近畿大学英語村E3[e-cube]】
近畿大学英語村E3[e-cube]は、平成18年(2006年)に「遊びながら英語を楽しく学ぶ」をコンセプトに開設されました。敷地内の会話は英語に限定され、常駐の外国人スタッフとの会話のみならず、料理やアート、スポーツ、クイズなど日替わりの英語のアクティビティを実施することで、学生たちが楽しみながら英語に触れるというスタイルを確立しています。開村以来、累計入場者は145万人を超え(令和元年7月31日現在)、大学教育の常識を覆す画期的な施設として他大学や市町村でも近畿大学英語村を参考にした取り組みが広がっています。

【付帯情報】
・昨年の一般公開の様子
http://itm.news2u.net/items/output/166749/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース