2019-08-21 19:53:00

アンダーセン・グローバルがジンバブエに進出

プレスリリース発表元企業:Andersen Tax
アンダーセン・グローバルがジンバブエに進出

アンダーセン・グローバルがジンバブエに進出

(サンフランシスコ)-(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、ジンバブエのChimwamurombe Legal Practice(ゼナス)と協力契約を締結したことを発表しました。アンダーセン・グローバルは、わずか2年弱でアフリカの14カ国以上に拠点を築いています。

2015年に設立されたゼナスは現在、個人、組織、機関、企業に法務サービスを提供する11人の専門家チームを擁しています。中小企業向けのサービスを専門とするゼナスは、鉱業および建設、商業、債権回収、不動産法、労働法、家族法、税務、テクノロジー、通信、メディアおよび知的財産法、刑事訴訟に関するソリューションを提供しています。

ゼナスのオフィス・マネジングディレクターのFungai Chimwamurombeは、次のように述べています。「当事務所の立ち上げ時に、私たちは最も評価の高い信頼される法律事務所になるという目標を掲げました。この価値観は、国際組織であるアンダーセン・グローバル傘下の事務所の価値観に極めて近いものです。家族のようにクライアントに接すると同時に最高水準のサービスを提供することに取り組む専門家チームに加わることを大変うれしく思います。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「Chimwamurombeが率いるチームは市場において比較的短期間に業務規模と評価を急速に拡大させてきました。ゼナスは、質の高い業務を核とするダイナミックな若々しいグループです。また、アフリカは企業が育つダイナミックな環境にあります。今回当組織に加わったジンバブエの新しいファミリーは、当組織のアフリカ・チームの素晴らしいメンバーとなり、アフリカ地域における当組織のサービスを一段と拡大する上で不可欠な存在となります。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の144カ所の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190821005328/ja/

連絡先
Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース