「ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会」開催都市におけるラグビーの普及を支援 埼玉県・熊谷市の小中学校へラグビーボールを寄贈

プレスリリース発表元企業:三菱地所株式会社

 三菱地所株式会社は、「ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会(「以下、ラグビーワールドカップ2019」)」のオフィシャルスポンサーとして、大会開催都市の一つである埼玉県・熊谷市におけるラグビーの普及を支援するため、300個のラグビーボールを熊谷市の小中学校等に寄贈します。寄贈にあたり、2019年8月7日(水)に熊谷市役所にて贈呈式を執り行いましたのでお知らせいたします。尚、寄贈するラグビーボールは熊谷市の小中学校及び県北部の小学校で使用される予定です。



[画像: https://prtimes.jp/i/16002/44/resize/d16002-44-170945-0.jpg ]

 日本全国12カ所で開催されるラグビーワールドカップ2019では、これを契機にラグビーがより地域に根付き、大会を通じて地域社会が発展することが望まれています。三菱地所は、この理念に共感し、ラグビーの普及活動を通じて、大会の機運醸成を図るだけでなく、社会貢献及び地域創生の一助となるべく、今回の取り組みを推進してまいります。
 三菱地所は、今後も、大会開催都市におけるラグビーの普及を目的としたラグビーボールの寄贈を計画しています。

■贈呈式の概要
日 時:2019年8月7日(水)16時30分~17時00分
場 所:熊谷市役所
受贈者:熊谷市長 富岡 清
寄贈者:三菱地所株式会社 会長 杉山 博孝
贈呈品:ラグビーワールドカップ2019当社名ロゴ入りラグビーボール 300個
    ※小学校の教育科目となっているタグラグビーに使用できる4号球サイズ

 三菱地所は、ラグビーワールドカップ2019オフィシャルスポンサーとして、今後も大会成功に向け、様々な取り組みを実施してまいります。

TM(C)Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース