セディナ、「ドコモのケータイリサイクル」に賛同し、974台の携帯電話リサイクルで地球環境保全に貢献

プレスリリース発表元企業:株式会社セディナ
引渡式写真(2019年7月25日)

セディナロゴ

SMBCグループの株式会社セディナ(代表取締役社長:小野 直樹 以下、「セディナ」)は、株式会社NTTドコモ(以下、「ドコモ」)が実施する「ドコモのケータイリサイクル」に賛同し、社用携帯電話974台をリサイクルしましたので、お知らせいたします。

「ドコモのケータイリサイクル」は、会社で不要になった携帯電話をドコモが無料で回収し、金・銀・銅・パラジウムなどの貴重な金属を取り出して鉱物資源の再利用に繋げる取り組みです。

セディナでは、デジタル技術を活用した業務の効率化を進める中で、社用携帯電話のスマートフォンへの切り替えを実施しました。その際、不要となった携帯電話の回収について「ドコモのケータイリサイクル」を利用することで、地球環境保全活動を通じ“未来に負荷をかけない環境を残す”ことに取り組みました。

セディナは今後も、このようなCSR活動に積極的に取り組み、国連の定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献してまいります。

以 上

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190078/img_190078_1.jpg
【2019年7月25日 引渡式】




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース