「OwnerBox」Androidアプリ提供開始 収支報告や見積もりなど管理会社・不動産オーナーのやりとりをスマホで一元化

プレスリリース発表元企業:ダイヤモンドメディア株式会社
OwnerBox Androidアプリ

不動産会社向けの業務支援システム提供及びウェブサイト開発支援などを担う不動産テックベンチャー・ダイヤモンドメディア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武井 浩三)は、自社サービス「OwnerBox(オーナーボックス)」のAndroidアプリを提供開始したことを発表いたします。当アプリは、現在提供中のOwnerBox(Web版)を利用中の不動産オーナーであれば利用可能です。
今回のAndroidアプリの提供開始により、収支報告や見積もりなどの不動産会社からの連絡がプッシュ通知でオーナーに通知され、よりコミュニケーションの円滑化を図ることが可能となりました。不動産オーナーにとってもスマホで全てのやりとりが一元化できるようになり、利便性向上に貢献できると考えております。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189388/LL_img_189388_1.png
OwnerBox Androidアプリ

■アプリ概要
アプリ名 : OwnerBox
対応機種/OS : Android 5.0以上に対応
価格 : 無料
ダウンロードURL: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.diamondmedia.ownerbox


■OwnerBoxについて
「不動産会社と不動産オーナーを繋ぐコミュニケーションプラットフォーム」
これまで管理会社をはじめとする不動産会社・不動産オーナー間のやりとりは電話、訪問、郵送、メール、FAX等々複数のコミュニケーションに分かれ、煩雑化しがちでした。OwnerBoxを活用して収支管理報告や申請承認などのやりとりを一元管理することで、不動産管理会社と不動産オーナーのコミュニケーションを円滑にします。

【メッセージ】
OwnerBoxのメッセージ機能は、管理会社様とオーナー様のやり取りに特化したコミュニケーションツールです。収支報告や見積もりなどのカテゴリを設定することができ、物件に紐付けることでどの物件に関するやり取りかもひと目で分かります。また申請承認機能もあるので、オーナー様の承認回答をエビデンスとして残すこともできます。メッセージの内容は全社で共有できるので、担当者1人に属人化することもありません。

【ファイルボックス】
OwnerBoxはメッセージだけでなく、ファイルも一元管理が可能です。管理会社様よりアップロードすることができ、完了するとオーナー様へ自動で通知メールが届きます。全てのファイルをOwnerBoxで一元管理することで、オーナー様はファイルを探す手間が省け、管理会社様への再送の依頼も無くなります。またメッセージで送信したファイルもファイルボックスへ集約されるので、送ったファイルの検索も簡単です。

【お知らせ】
お知らせ機能はシンプルな機能ですが、とても便利な機能です。これまで管理会社様からオーナー様への連絡は郵送やメールでしたが、全てOwnerBoxのお知らせ機能で解決できます。お知らせが公開されると、オーナー様へ通知メールが届き管理会社様からのお知らせを確実に届けることが可能です。

【使い方】
管理会社様にOwnerBoxを導入いただくことで、オーナー様はご利用可能となります。ご利用をご希望のオーナー様は、契約されている管理会社様へ下記のサービスページをご案内ください。
https://www.ownerbox.jp/


■ダイヤモンドメディア株式会社について
ダイヤモンドメディア株式会社は「不動産業界における健全なマーケットの育成」をコンセプトに仲介業者・管理会社・不動産オーナー向けサービスを開発・提供する不動産テックベンチャー。取引実績は東急住宅リース、三井不動産レジデンシャルリース、ミサワMRD、アンビションなど、200社以上。不動産業界唯一の「リーシングマネジメント」に関する業界横断コミュニティ『リーシングマネジメント研究会』の事務局も務める。

会社名: ダイヤモンドメディア株式会社
所在地: 東京都港区南青山4-9-1 シンプル青山ビル1F
設立 : 2007年9月
代表者: 代表取締役 武井 浩三
資本金: 2,000万円
URL : https://www.diamondmedia.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告