事業者向け、モバイル閉域接続サービスの提供エリア拡大「ATBeX ServiceLink for iTSCOM」を今秋からサービス提供開始

プレスリリース発表元企業:株式会社 アット東京

~アマゾン ウェブ サービスをはじめとする大手クラウドサービスとも安全な閉域接続が可能に~



イッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下イッツコム)と、株式会社アット東京(以下アット東京)は、イッツコムが事業者向けに提供している専用のSIMを使い、社外からインターネットを経由しないで安全に社内システムへアクセスが可能となる「イッツコムモバイル閉域接続サービス」(※1)と、アット東京の企業システム間の連携を効率的に提供するプラットフォームサービス「ATBeX」(※2)を相互接続させた新サービス「ATBeX ServiceLink for iTSCOM」(以下、本サービス)の提供を今秋11月(予定)から開始します。

本サービスは、アット東京のデータセンター内にイッツコムの通信ネットワークを有することで「イッツコムモバイル閉域接続サービス」をご利用の事業者が専用SIMを使ったモバイル端末(PC、タブレット、IoTデバイスなど)から、アット東京のデータセンター内にある事業者の社内システムへ安全にアクセス出来るようになります。

また、本サービスをご利用いただくと、アット東京のデータセンターと繋がるアマゾン ウェブ サービス(AWS)(※3)をはじめとする大手クラウドサービスにもイッツコムの安全な閉域網ネットワークを介して接続することができ、様々な拡張が可能になり、これまで以上に自由度が高いセキュアな通信環境をご利用できます。(以下、サービスイメージご参照)

イッツコムと、アット東京は、事業者のお客さまのさらなるビジネス推進に貢献すると同時に、昨今の「働き方改革」に則した「業務効率化」、「生産性向上」の糸口として、社内システムやクラウドサービスなどセキュアで高品質な通信環境を実現してまいります。

以上

※1 公衆回線を経由して構築された仮想的な組織内ネットワークVPNと異なり、本サービス専用のSIM(Subscriber Identity Module)カードを使用することで、インターネットを経由せずに分離されたネットワーク内で、社内システム及び共有フォルダなどのリソースへアクセスができるセキュアなネットワークサービスです。

※2 ATBeX(AT TOKYO Business eXchange、アットベックス)は、アット東京のデータセンター内で各事業者が提供しているサービスの利用や企業システム間の相互連携など、多様化する接続を効率的に提供するプラットフォームサービスです。

※3 アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、米国その他の諸国における、Amazon.com,inc.またはその関連会社の商標です。

* 本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。

* ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様、その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。

■サービス提供イメージ

[画像: https://prtimes.jp/i/20302/25/resize/d20302-25-943660-0.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告