シマンテック、業界で最も包括的なクラウドアクセスセキュリティソリューションを発表

プレスリリース発表元企業:株式会社シマンテック

サイバーセキュリティのトップ企業の一つであるシマンテック コーポレーション(Nasdaq: SYMC、本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー、以下、シマンテック)は本日、エンタープライズ環境でクラウドとインターネットアクセスを保護する、新しいクラウドアクセスセキュリティソリューションを発表しました。この度の強化および統合は、シマンテックのネットワークセキュリティポートフォリオ全体に及ぶものであり、運用コストを削減し複雑さを緩和する一方で、運用リスクの低減を可能にします。

今日のビジネス環境では、膨大な量のエンタープライズネットワークトラフィックがクラウドとインターネットに向かっています。ユーザーはロケーションやデバイスを問わず、生産性を求めて常時接続されたクラウドリソースへのダイレクトアクセスを必要とし、またIT部門は、従業員が自社のクラウド、インターネット環境に安全にアクセスできるように、シンプルでコスト効率のよい手段を探しています。

インテグレイテッド サイバー ディフェンス プラットフォームの一部であるシマンテックの最新のソリューションは、SaaSアプリケーション、IaaS環境の企業アプリケーション、クラウドベースの電子メール、インターネットにアクセスするユーザーに対して、一貫したゼロトラストセキュリティポリシーの実行を可能にします。ゼロトラストアクセスセキュリティは、認証ユーザーがアクセスする必要のあるネットワーク、クラウドリソースにのみアクセス権を与え、データセキュリティと脅威防止ポリシーを厳格に実行します。これにより、クラウドに移行する企業を保護します。

アクセス制御に加えて、このソリューションは独自の可視性とコンテンツスキャン機能を提供し、企業がクラウドやWebに転送する情報において一貫したDLPポリシーや、コンテンツのダウンロード時の脅威検出を実行します。また、多要素認証を提供する「Symantec VIP」と脅威防御を強化する「Symantec Web Isolation」との統合により、さらに拡張された機能を提供することが可能となります。

新しいソリューションの機能は以下の通りです。

・SaaSアプリケーションセキュリティ ー 特許出願中の「CloudSOC Mirror Gateway」は、「Symantec Web Isolation」機能を使用して、SaaSのあらゆる最新アプリケーションを対象とし、管理されていないデバイスに業界初の堅牢なクラウドアクセスセキュリティブローカー(CASB)セキュリティコントロールを提供します。これにより、ユーザーはデバイスを問わず、パブリッククラウドアプリケーションを使用する際にリアルタイムのインラインセキュリティコントロールを使用できるようになりました。
さらに、「CloudSOC CASB Gateway」における新たな統合によって、「Symantec VIP」またはシマンテックのTIPPパートナーであるOktaのソリューションを介して、適応型多要素認証に基づいたクラウドセッションを通じ細かいポリシーコントロールが可能になりました。
・IaaSアプリケーションセキュリティ ー IaaSやその他の環境内にある企業アプリケーションにアップロードまたはダウンロードされたコンテンツは、情報セキュリティポリシー、脅威を防御するためのウイルス対策やサンドボックス技術により「Symantec DLP」で検査されます。これらの革新的な機能は、2019年2月にシマンテックが買収したゼロトラストの先駆者であるLuminateの技術をベースとした「Symantec Secure Access Cloud」で利用できます。ソフトウェアデファインドペリメーター(SDP)アプローチにより、導入場所にかかわらず、ユーザーが権限を与えられた特定の企業アプリケーション、リソースに対してのみアクセス権を与えます。
また新しいコンテンツスキャン機能に加えて、継続的なリスクベースの本人確認を可能にする多要素認証機能も提供します。
・Web、インターネットセキュリティ ー 従業員のWeb、インターネットのアクセスと使用を保護するクラウド型ネットワークセキュリティサービス「Symantec Web Security Service」に、「Secure Access Cloud」が統合されました。Webセッションや認証ユーザーの情報が共有されることににより、サービスの運用と使用を簡素化します。さらに、Windows 10とChromebookデバイスもサポートの対象になりました。
・電子メールセキュリティ ー 「Email Security.cloud」の既存の埋め込みリンク隔離機能に、不審な電子メールの添付ファイル隔離機能が追加されました。これによりユーザーは、添付ファイルを自分の環境で開く前に、それが安全であるかどうかを確認することができます。リンク隔離と併せて、フィッシング、ランサムウェア、アカウントの乗っ取りなどの電子メールの脅威からもユーザーを隔離します。

シマンテックのクラウドアクセスセキュリティソリューションに関する詳細は下記(英語)をご覧ください。
https://www.symantec.com/solutions/secure-access

シマンテックについて
シマンテックコーポレーション(NASDAQ: SYMC)はサイバーセキュリティ業界をリードする世界的企業です。さまざまな場所に保管されている大切なデータを守るため、企業や政府機関、個人のお客様を支援しています。エンドポイントからクラウド、インフラまでを高度な攻撃から守るため、世界中の企業がシマンテックの戦略的統合ソリューションを選択しています。また、世界中で 5 千万以上の個人やご家庭が、自宅などで使用するデバイスそしてデジタルライフを守るために、ノートンと LifeLock 社の製品を使用しています。シマンテックのサイバーインテリジェンスネットワークは民間が運営するネットワークとしては世界最大規模を誇ります。このネットワークが、先進的な脅威をいち早く発見し、お客様を守ります。
詳しくはwww.symantec.com/ja/jp/ をご覧ください。

*Symantec 社の名称、ロゴは、米国 Symantec Corporation の米国内およびその他の国における登録商標または商標です。
*その他製品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース