客船「飛鳥II」をみつけてオリジナルグッズを当てよう!「#飛鳥2みつけた」Instagram投稿キャンペーン実施のお知らせ

プレスリリース発表元企業:郵船クルーズ株式会社
#飛鳥2みつけたキャンペーン

郵船クルーズ株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:坂本 深)は、2019年8月1日より同年12月31日までの期間、「飛鳥II」の写真を撮ってInstagramに投稿する『#飛鳥2みつけた』キャンペーンを実施します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189010/LL_img_189010_1.jpg
#飛鳥2みつけたキャンペーン

世界一周クルーズなど海外を旅しているイメージが強い「飛鳥II」ですが、夏から年末にかけては日本国内を中心にクルーズしています。全国の皆さんに「飛鳥II」を身近に感じてほしい、そして各地の魅力を「飛鳥II」に紹介してほしいという願いから、当キャンペーンを企画しました。
「飛鳥II」に乗船したことがある方もまだの方も、初めて「飛鳥II」を知った方でも参加できる身近な投稿キャンペーンです。魅力ある日本の風景とともに「飛鳥II」を撮影してご投稿ください。


■応募期間:2019年8月1日(木)~2019年12月31日(火)
※2019年7月の投稿も可能。7月に投稿された写真は8月の作品としてエントリーされます。
※本キャンペーンは予告なく終了する場合があります。あらかじめご了承ください。


■応募条件:以下の条件のほか、キャンペーンサイトに掲載の応募規約をお守りください。
・年齢、カメラの技術は問いません。
・飛鳥クルーズの乗船有無も関係ありません。
・「飛鳥II」を初めてみたという方も大歓迎です!
・過去に撮りためた作品も是非この機会にたくさんご投稿ください。
※応募方法を満たしていない(満たさなくなった場合を含む)作品は、応募作品から除外します。
※非公開アカウントからの投稿や、投稿後に削除した場合など、一般の利用者が閲覧できない状態と認められる場合、また当コンテストの趣旨に反すると認められる場合などは、応募作品から除外します。


■応募方法:
1) 飛鳥クルーズ公式Instagramアカウント“asukacruise_”をフォロー
※asukacruiseの後に“_”アンダバーが入ります。
2) 「飛鳥II」をみつけて写真を撮る
3) 「#飛鳥2みつけた」+「#●●(撮影地)」&“@asukacruise_”をつけて投稿


■賞品:毎月変わる飛鳥クルーズオリジナルグッズをプレゼント
2019年8月は30名様にマグネットテディと飛鳥IIマグネットのセットをプレゼント
※プレゼントの内容・個数および飛鳥IIの寄港地スケジュールはInstagramおよびホームページ上でご紹介します。


■キャンペーンサイトURL: https://www.asukacruise.co.jp/instacamp0801


■キャンペーン問い合わせ先:
「#飛鳥2みつけた」キャンペーン事務局(郵船クルーズ株式会社)
お問い合わせ受付期間 : 2019年7月16日(火)~2020年1月31日(金)
お問い合わせメールアドレス: asuka-pr@asukacruise.co.jp
※お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
※営業時間:平日 9:30~17:00(土・日・祝日休業)


■飛鳥II 概要( https://www.asukacruise.co.jp )
「飛鳥II」は日本船籍最大の客船で、約100日間の世界一周クルーズ、アジア・オセアニア方面へのロングクルーズ、日本の夏祭りを巡るクルーズ、1泊からのショートクルーズなど多岐にわたり展開。全室海側の客室、ゆったりとしたスペースや充実の設備、日本人乗船客の嗜好に合わせた多彩な食事やエンターテイメントが特徴。乗船客1人当たりのスペースや乗組員比率は、日本はもとより世界トップレベルで、世界のクルーズマーケットで愛される美しい船体に、和の心のおもてなしをのせて皆様をお迎えいたします。

船籍 :日本
船籍港(母港):横浜港
総トン数 :50,142トン
全長 :241m
乗客数 :872名
乗組員数 :約470名
客室数 :436室(全室海側)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース