ネオス、開発拠点を統合・拡張新たな技術センター「Neos Sapporo Developers Park」を開設

プレスリリース発表元企業:ネオス株式会社
開発機材の刷新やセキュリティルーム等の設備面も拡充

コミュニケーションの活性化を促しシナジーを創出

点在していた拠点を集約、技術力向上や開発効率の改善を実現

モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史)は、技術センターとしての開発力強化を目的として、札幌に点在していたオフィスを統合し、新たに「Neos Sapporo Developers Park」を開設いたしました。

札幌オフィスは当社における開発の中枢として、高い技術力と専門的知見をベースに先端技術の研究開発や高度案件の開発を担っております。これまでも自社サービスから大型の受託案件まで幅広く手掛けるとともに、独自技術の開発やハッカソンをはじめとする各種開発イベントへの参加等の取り組みを積極的に推進してまいりました。
そしてこの度、さらなる開発力の強化を目的として、札幌市内に分散していたオフィスの整備・統合を行い、新たに「Neos Sapporo Developers Park」を開設いたしました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189135/img_189135_1.png

新オフィスでは、開発機材の刷新や機密性の高い案件にも対応可能なセキュリティルーム等の設備面も拡充し、より良いモノづくりに向けて充実した開発体制・環境を確立いたしました。また、コミュニケーションの活性化を促すレイアウトを取り入れることで、点在していた拠点の集約とともに培ってきた技術・ノウハウのより密な連携によるシナジーを創出し、さらなる技術力の向上や開発効率の改善を実現してまいります。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/189135/img_189135_2.jpg

今後もクライアント様の幅広いニーズにお応えするとともに、来る5G時代へ向けた技術研究等の取り組みを推進して参ります。

≪新札幌オフィス概要≫
名 称:Neos Sapporo Developers Park
所在地:〒060-0001 札幌市中央区北1条西9丁目3-1南大通ビルN1 4階
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/189135/img_189135_3.png


<ネオスについて>
【商 号】ネオス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】https://www.neoscorp.jp/
【設 立】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【グループ事業内容】
◆ソリューション事業:サービスデザイン力×ワンストップ対応力を強みとしたSI事業と、法人向けプロダクト&サービスを展開
◆コンテンツ事業:専門的知見とクリエイティブ力を強みとした、BtoCおよびBtoBtoCサービスを展開
◆デバイス事業:深圳ネットワークを強みとした、サービス事業者向けエッジデバイスソリューションを展開

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース