2019-07-21 13:59:51

『彼女いない年数×500円を支払います!』男磨き研究所が【5年以上彼女がいない男性】を救うべく前代未聞のキャンペーンを実施

プレスリリース発表元企業:株式会社GiveGrow

先着100名限定

【男磨き研究所-BRIGHT FOR MEN-】を運営する、株式会社GiveGrow(東京都銀座,代表取締役 川瀬智広)が、キャンペーンを実施
■2019年7月8月中の5日間限定、100名限定、5年以上彼女いない男性限定
■彼女がいない年数×500円をプレゼント
■男磨き研究所が主催する【彼女の作り方セミナー】受講後に現金でお渡し



キャンペーンへの参加申し込みはこちらから
https://dt.bmen.jp/

キャンペーンの詳細は下記をご覧ください。

[画像1: https://prtimes.jp/i/46433/2/resize/d46433-2-234538-0.jpg ]


自分に自信を持ち、イキイキとした日本男児を増やすべく
2016年に作られた【男磨き研究所-BRIGHT FOR MEN-】

年間2,000名近くの悩める男性陣が、銀座4丁目にある【男磨き研究所】に足を運びます。
その2,000名の約半数が、『彼女いない歴=年齢』、いわゆる童貞の男性です。

この度、男磨き研究所より、日本初となるキャンペーンを実施させて頂きます。

それは、
【5年以上恋人がいない25歳~39歳の男性限定】に、
彼女がいない年数× 5 0 0 円をプレゼントをするというもの。


このキャンペーンの背景

男磨き研究所が、このキャンペーンを実施する目的は2つです。

■1つ目

日本の少子化問題を少しでも解決する存在になりたいという思いからです。
代表川瀬の個人ビジョンは、『日本の歴史に名を残すこと』です。
男磨き研究所は、日本で一番『彼女いない歴=年齢』の男性の気持ちがわかると自負しています。
彼らに最も必要な力の一つは、行動力。
このキャンペーンを通して、一人でも多くの悩める男性に行動を起こしてもらうことが目的です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/46433/2/resize/d46433-2-642574-1.jpg ]



■2つ目

男磨き研究所という名前の認知です。
また、男磨き研究所が運営する、男のための恋活・婚活学校【BRIGHT FOR MEN】の存在も知ってもらいたいからです。
こちらの学校は、半年~1年間の男磨き専⾨学校で、累計500名の男性が、部活動のように、仲良く切磋琢磨して一緒に男を磨いています。そして、これまで約300名ほどの男性が、人生初の彼女を作ったり、結婚へと繋がっています。
男磨き研究所は、2020年より、日本全国へと事業を拡大していきます。



キャンペーンの参加方法や条件

以下の全項目に当てはまる方限定です。

1.下記の5つの日程に開催される【彼女の作り方セミナー】に参加できる方(先着100名限定)
2019年

1. 7月26日(金)13-15時
2. 7月27日(土)13-15時
3. 8月2日(金)13-15時
4. 8月3日(土)13-15時
5. 8月4日(日)13-15時


2.現在25歳~39歳までのご年齢で、現在まで5年以上恋人がいない方

3.ひやかしでなく、真剣に彼女が欲しい方。本気で人生の大逆転をしたい方

4.男磨き研究所が主催する【彼女の作り方セミナー(約120分)】を最後まで真剣に受講した方

※通常、彼女の作り方セミナーは、1980円を頂いて開催していますが、
今回はキャンペーンということで、1980円は頂きませんし、
彼女いない年数×500円をお渡しいたします。


お申込みはこちらから
https://dt.bmen.jp/


会社概要&お問い合わせ

【男磨き研究所】運営会社
名称 株式会社GiveGrow
所在地 東京都中央区銀座4-8-2 三福ビル6F
事業内容 男性向け婚活教育事業
代表者 代表取締役 川瀬智広
URL https://bmen.jp/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース