三菱日立パワーシステムズ、火力発電所の運転・保守支援で協業、ウズベキスタン共和国エネルギー省との覚書に調印

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

TOKYO, Jul 19, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、ウズベキスタン共和国のエネルギー省ならびに三菱商事株式会社と、火力発電所の運転および保守を支援する包括サービスメンテナンスプログラム(CSMP:Comprehensive Service and Maintenance Program)に関する協議を前進・加速化させていくことで合意し、覚書(MOU:Memorandum of Understanding)に調印しました。両国の貿易・経済発展促進を目的に、このほど東京で開催された「第15回日本ウズベキスタン経済合同会議(注)」における合意事項の一つで、昨年10月25日に開催された第14回日本ウズベキスタン経済合同会議にて締結したMOUを前提にさらなる推進を確認したものです。

MOUには、同国エネルギー省のシェルゾッド・ホジャエフ次官、三菱商事の中西 勝也 常務執行役員電力ソリューショングループCEO、および当社社長である河相 健が調印しました。調印式には、日本ウズベキスタン経済委員会で会長を務めるウズベキスタンのエリョール・ガニエフ副首相と佐々木 幹夫同委員会会長の立ち会いを仰ぎました。

今回のMOUのテーマであるO&M(運転・保守)技術向上に向けたCSMPは、当社が設備を供給した同国発電公社(旧ウズベクエネルゴ)が運営するナヴォイ(Navoi)、ならびに現在建設中のナヴォイ2(Navoi2)、トゥラクルガン(Turakurgan)の両発電所を対象とするものです。具体的には、各発電所のガスタービンに対して部品供給や定期検査向け技師派遣を行うとともに、同公社の技術者へのIoTを利用したO&Mに関するトレーニングを通して、質の高いO&M技術を同公社に提供し、将来的には同公社技術者によるガスタービンのO&M技術向上を目指すというものです。

発電公社は、石炭、石油、天然ガスを燃料とする電力事業を展開して、同国内のほぼすべての電力をまかなっている国営電力会社です。同公社が保有する電力設備容量は1,210万kWに達しており、当社製の設備は建設中のものを含め同容量の20%を占めるものとなっています。

MHPSは今後も、同国発電公社との良好な関係を維持・発展させながら、同国の安定的かつ効率的な電力事業運営に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhps.com/jp/news/20190718.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース