宿泊施設向け業務支援ツール 客室タブレット「crotta」がIT導入補助金の対象ツールに採択

プレスリリース発表元企業:株式会社ルーツ
客室タブレット「crotta(クロッタ)」

ホテル・旅館等の宿泊施設事業者にITツールの開発・導入をしている株式会社ルーツ(本社:岐阜県土岐市、代表:林 竜也)が提供する宿泊施設向け業務支援ツール客室タブレットサービス『crotta(クロッタ)』が、経済産業省が推進する「平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金)」において対象ツールに認定されました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/188772/LL_img_188772_1.jpg
客室タブレット「crotta(クロッタ)」

これにより、IT導入補助金を活用して広く中小企業に導入・提供が可能になりました。
補助額は最高150万円です。

「IT導入補助金」とは、主に中小企業・小規模事業者等の方々が生産性向上をITツールの導入により実現するための経費の一部を補助する制度です。
(対象となる企業や補助される金額等詳細は以下URLを参照ください。)


■IT導入補助金の対象とスケジュールついて
・補助金対象者 : 日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等
・補助申請可能金額: 1事業者につき40万円~150万円未満(補助率1/2以下)
・申請期間 : 2019年7月17日(水)11:00~2019年8月23日(金)17:00(予定)
・公式サイト : https://www.it-hojo.jp/


■客室タブレット『crotta(クロッタ)』について
客室タブレット「crotta」は、客室設置型のタブレットツールです。「施設情報」「レストランなどの混雑状況表示」「ルームオーダー機能」などの豊富な機能で、宿泊者に快適な客室体験の提供をし、顧客満足向上のサポートをします。また、昨今の働き方改革や人手不足解消のため「ペーパーレス化」「デジタル情報配信」「デジタルアンケート/自動レポート」「インバウンド多言語対応」などの機能によるフロントコールの減少、業務オペレーションの効率化などで従業員の業務支援をします。
1室700円〜/月でご利用になれます。


■こんな宿泊施設事業者様に最適です。
・紙のツールをデジタル化したい。
・フロントへの問い合わせを減らしたい。
・従業員の負荷を軽減したい。
・タイムリーに情報発信をしたい。
・施設予約をオンライン化したい。
・アンケートをデジタル化&自動集計(自動レポート化)したい。
・エンターテイメントコンテンツを提供したい。


■株式会社ルーツについて
株式会社ルーツは、新たな価値を創造するIT企業です。「価値あるサービス・価値ある体験」をテーマに、宿泊施設事業者向けサービスや飲食店舗事業者向けサービスを展開しています。今後は客室タブレット「crotta」のバージョンアップをはじめ、宿泊業・旅行業に特化した新たなサービスを展開してまいります。

会社名 : 株式会社ルーツ
本社 : 岐阜県土岐市土岐津町土岐口2236-12
代表者 : 林 竜也
資本金 : 10,000,000円
設立 : 2005年4月6日
事業内容: 宿泊施設事業者向け IT開発・導入、ITコンサルティング
URL : http://www.roots.gr.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース