2019-07-16 14:00:00

三菱自動車、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」で電動車の新たな価値を提案

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Motors

TOKYO, Jul 16, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、7月17日(水)~19日(金)にポートメッセなごや(名古屋市港区金城ふ頭)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展します。

開催テーマである「新たな自動車技術が支える地域創生」のもと、プラグインハイブリッドEV(PHEV)『アウトランダーPHEV』2019年モデルに採用したPHEVシステムの技術紹介と、年内にサービス開始を予定している「電動DRIVE HOUSE」を紹介し、生活をより豊かで便利にする電動車の新しい価値を提案します。

1.『アウトランダーPHEV』技術特長を展示
三菱自動車ブースでは昨年に大幅改良した2019年モデル『アウトランダーPHEV』の技術特長を実車の展示やパネル解説により紹介します。

<大幅改良のポイント>
- バッテリー容量を15%増やし、EV航続距離を60.8km*1から65.0km(JC08モード*2)に伸長するなど、PHEVシステムの主要構成部品の約9割を改良し、より滑らかで力強く静かな走りを実現
- 車体剛性を高め、ショックアブソーバーとステアリングギヤを改良し、走行時の質感を向上
- 2種類のドライビングモード(SPORT、SNOW)を追加し、車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」の性能を向上

2.「電動DRIVE HOUSE」コンセプトを展示
電動車の購入とあわせてV2H*3を中心とした家庭用システムをお客様にご案内する新しいサービス「電動DRIVE HOUSE」を紹介します。システム機器をブース内に設置し、太陽光発電機器による電動車への充電、電動車から家庭への電力供給などを説明します。

「電動DRIVE HOUSE」とは、太陽光発電機器やV2H機器などで構成するシステムをワンパッケージ化し、さらに設置工事やアフターメンテナンスなどを一括してお客様にご案内*4するものです。電気代や燃料代の節減、緊急時の非常用電源としての利便性、環境への配慮など、電動車を中心とした新しいエネルギーサイクルを提案します。

3. 試乗体験コーナーに『アウトランダーPHEV』、新型『デリカD:5』を出品
主催者企画である最新技術搭載車の試乗体験コーナーに『アウトランダーPHEV』と新型『デリカD:5』を出品します。
『アウトランダーPHEV』の進化したツインモーター4WDによる「力強い加速感」と車両運動統合制御システム「S-AWC」による「安心かつ軽快なハンドリング」、そして今年2月に発売した新型『デリカD:5』のパワフルかつ環境に優しいクリーンディーゼルエンジン、その高いトルクを滑らかにつなぐ8速スポーツモードA/Tによる、上級感ある走りを体感いただきます。

「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」概要
開催時期:2019年7月17日(水)~7月19日(金)10:00~18:00(19日(金)のみ~17:00)
会場:ポートメッセなごや(名古屋市港区金城ふ頭) 455-0848 愛知県名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地
入場料:無料(登録制/事前・当日)
主催:公益社団法人自動車技術会
公式サイト: https://expo.jsae.or.jp/

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5347.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース