「東京らしい」新商品に助成金。人件費500万円含む1,500万円

プレスリリース発表元企業:公益財団法人東京都中小企業振興公社

公益財団法人東京都中小企業振興公社(本社:東京都千代田区、理事長:保坂 政彦)は、東京ならではの地域の魅力を活かして、新しい製品やサービスの創出に取り組む中小企業者等を支援する「TOKYOイチオシ応援事業」の募集にあたり、説明会を開催することをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/34524/7/resize/d34524-7-922717-6.jpg ]

【事業目的】
東京には、地域色あふれた魅力的な「地域資源」が様々存在しています。東京都が公開している「地域産業資源」では、300以上の地域資源が指定されています。本事業では、東京ならではの「地域資源」を活かして新製品・新サービスの開発及び改良に取組む都内中小企業者等を支援することにより、地域経済の活性化を図ることを目的としています。

【助成対象となる地域資源について】
東京都が指定している「地域産業資源」に掲載されている地域資源は、全て助成対象となります。TOKYOイチオシナビでは、300以上の既に指定されている地域資源を簡単に検索することができます。

TOKYOイチオシナビ
http://chiikishigen.tokyo/search/index.html?pr

(東京都に指定されていなかった場合)
TOKYOイチオシナビに掲載されていない「地域資源」であっても、一定の条件(下記3つのすべて)を満たす場合には、助成対象となりますのでご応募可能です。

1.東京の地域資源として、地域の中小企業等が共有して活用できる(又はその可能性がある)資源であること
2.東京の地域資源として、生産量、品質、機能、歴史的・文化的背景等の面で特徴があり、消費者等にそのことが一定程度認識されていること
3.次の3分類のいずれかに該当すること
(1)農林水産物 (2)鉱工業品・生産技術 (3)観光資源

【昨年度の採択事業テーマ(抜粋)】
従来の発想にとらわれない、多様な事業を採択しています。

(農林水産物)

東京野菜のふりかけ開発
ヤブツバキの花酵母でパンや酒の商品開発
椿を使った白髪染専用シャンプーの開発
自然エネルギー利用型環境制御装置の開発
アシタバを利用した入浴剤やスクラブなどの開発


(鉱工業品・生産技術)

微細金型によるヒトの足部骨格模型の開発
計測機器を活用した電動アシスト台車の開発
大田区の金型技術による宅配ボックスの改良
板金端材を活かした金属アクセサリーの開発
スラッシュ成型による介護用手すりカバーの開発
多摩産材を活用した、エクステリア材の開発
東京くみひもの魅力を活かした新商品開発
東京染小紋・江戸更紗型紙再生保存と革製品への新展開
北欧デザインを取り入れた江戸更紗と新商品の開発
墨田発、着心地のよい環境配慮型ワイシャツの開発
東京メーカー×新バリアフリーファッションの開発


(観光資源)

高尾山の魅力を活かした山伏体験ツアー事業
ARアプリによる東京観光スポットの創造と発信


昨年度の採択事業(詳細)はこちら
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/kigyo/files/30ichioshi.pdf?pr

【3つのポイント】
助成金による支援のほか、専門家からのきめ細かいサポートなど、3つのポイントをご紹介します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/34524/7/resize/d34524-7-471366-3.jpg ]

1.人件費上限500万円を含む最大1,500万円の助成金
製品・サービスの「開発費」及び「販路開拓費」に係る10区分の経費を対象に助成を受けることができます。

(開発費)
1. 原材料・副資材費 2. 機械装置・工具器具費 3. 委託・外注費 4. 専門家指導費
5. 貸借費 6. 産業財産権出願・導入費 7. 直接人件費
(販路開拓費)
8. 広告費 9. 展示会等参加費 10. イベント開催費

2.専門家の伴走で、事業の効果を最大化
採択された支援事業ごとに「地域応援アドバイザー」を配置して進捗管理を行うとともに、専門家による事業計画への事前アドバイスや資金計画やマーケティングへの助言等、事業者ニーズに応じて、ともに最善策を考えながら、アドバイスを行う伴走型支援を行います。また、弁護士やデザイナー等と連携したチーム支援も可能です。事業者に不足する分野の専門性を支援することで、事業の効果を最大化します。

3.助成事業終了後の販路開拓をサポート
助成事業終了後、開発した商品・サービスの販路開拓を見据えて、PR動画の作成や展示会(産業交流展)出展等をサポートします。

【説明会のご案内(先着順)】
[画像3: https://prtimes.jp/i/34524/7/resize/d34524-7-736330-4.jpg ]


下記HPより説明会にお申込みいただけます。(先着順)
https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1906/0002.html?pr

【TOKYOイチオシ応援事業 概要】
●主な申請資格
1. 中小企業者(会社及び個人事業者)
2. 組合等(企業組合、協業組合、事業協同組合、商工組合、協同組合連合会など)
3. 一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人

※上記事業者であっても、各種条件により、対象とならない場合がありますので、詳しくは募集要項をご確認いただくか、お問い合わせください。

●助成対象期間
2019年12月1日~2021年11月30日
●助成限度額(申請下限額)
1,500万円(200万円)
●助成率
1/2以内
●スケジュール
[画像4: https://prtimes.jp/i/34524/7/resize/d34524-7-589975-1.jpg ]

【お問い合わせ先】
ご不明な点や、ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

(公財)東京都中小企業振興公社助成課 安齋、小林
電話 03-3251-7895
メール josei@tokyo-kosha.or.jp

【詳細URL】
● TOKYOイチオシ応援事業 HP
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/ichioshi.html?pr
● 募集要項
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/documents/2019ichioshi_youkou.pdf?pr
● 説明会お申込みURL(先着順)
https://www.tokyo-kosha.or.jp/topics/1906/0002.html?pr

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース