日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズ、燃料電池セルスタックの製造・販売を行う合弁会社の設立・共同運営に関する契約を締結

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

TOKYO, Jul 8, 2019 - ( JCN Newswire ) - 日本特殊陶業株式会社(社長:川合 尊、本社:名古屋市瑞穂区、以下NTK)と三菱日立パワーシステムズ株式会社(社長:河相 健、本社:横浜市西区、以下MHPS)は、このたび、固体酸化物形燃料電池(SOFC(注1))の発電要素である円筒セルスタック(注2)の製造・販売を行う合弁会社を共同で設立・運営することに関し、合弁契約を締結致しました。

燃料電池は、クリーンな発電装置として、業務用、産業用などでの活用が期待され、将来的なエネルギー・環境問題の解決策の一つとして期待されています。

両社は、2014年6月から円筒セルスタックの量産に向けて業務提携を締結して開発を進めておりましたが、それが実り、MHPSの長寿命、熱利用が可能な円筒セルスタック設計技術と、NTKが保有するセラミックスの量産技術を融合させ、高性能円筒セルスタックを事業化する運びとなりました。

今後、NTKにて準備会社を設立した後、競争法当局の審査を経て、合弁会社の設立へと進める予定です。

■合弁会社の概要(予定)

設立する合弁会社については、2社で協議中であり、現時点では以下の内容で検討しています。

(1)名称:検討中
(2)所在地:愛知県小牧市
(3)代表者の役職・氏名:検討中
(4)事業内容:円筒横縞形セルスタックの製造及び販売
(5)資本金:3億円
(6)出資比率:NTK 70%、MHPS 30%
(7)事業開始予定:2019年10月1日

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhps.com/jp/news/20190705_02.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース