中華まんのおいしさを五感で楽しむ体験型見学施設8月16日(金)『中華まんミュージアム』見学再開!2019年7月16日(火)午前0時より予約受付開始!

プレスリリース発表元企業:株式会社中村屋
中華まんミュージアム

エントランス

シアター

株式会社中村屋(代表取締役社長 鈴木達也 東証第一部:2204)は、中華まんの工場見学施設『中華まんミュージアム』の見学を8月16日(金)より再開いたしますのでお知らせいたします。
『中華まんミュージアム』は、工場の生産調整期間のため、5月1日から休館しておりましたが、8月16日(金)より見学を再開し、予約受付を7月16日(火)午前0時より開始いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187522/img_187522_1.jpg
≪中華まんミュージアム 外観≫

■中華まんのおいしさを“家族と一緒に体験しながら楽しめる”施設
『中華まんミュージアム』は、“見て”“聞いて”“触って”“味わって”、「体験」し、中華まんの魅力を知っていただくという考え方のもと、見学コースを設計しています。

【シアター】「中華まん」や中村屋の歴史について映像で学べます。
【工場見学】具や生地を作る工程をはじめガラス越しに実際の製造ラインをご覧いただき、具を生地で包む工程、発酵させて蒸す工程、包装の工程、検査など「中華まん」の製造工程を順番に巡ります。
【おいしさゾーン】おいしさへのこだわりをおさらいしていただくため、中華まんの具材を組み合わせていくパズル形式のゲームや、タッチモニター上で指を使い、生地に具材を手包みするスピードを参加者同士で競い合うゲームなど、“体感型”のオリジナルゲームをご用意しました。また、ご自身が描いたオリジナルの「中華まん」が投影される壁面メディアアートも体験できます。
【キッチン】武蔵工場で製造された「肉まん」をご試食できます。

■施設概要
施設名 : 中華まんミュージアム
所在地 : 〒358-0033
埼玉県入間市狭山台234(武蔵工場内)
電話番号: 04-2935-1592
休館日 : 水、木曜日、年末年始、工場休業期間
案内時間: 10:30、14:30 ※所要時間90分
定員 : 完全予約制、各回20名(最少遂行人数2名)
入場料 : 無料
予約開始: 2019年7月16日(水) 午前0時~
(ご予約はWEBサイトから)
URL : https://www.nakamuraya.co.jp/factory/

■会社概要
商号 : 株式会社 中村屋(東証第一部 証券コード:2204)
代表者 : 代表取締役社長 鈴木 達也
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿三丁目26番13号
創業 : 1901(明治34)年12月30日
設立 : 1923(大正12)年4月1日
事業内容 : 各種和洋菓子、パン、食品の製造・販売、レストランの経営
資本金 : 74億6,940万円(2019年3月31日現在)
URL : https://www.nakamuraya.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース