ファーウェイ、4年連続でBrandZ(TM)の「世界で最も価値のあるブランドTop100」にランクイン

プレスリリース発表元企業:華為技術日本株式会社



2019年6月にWPPとカンターが発表した「BrandZ™ 2019年度 世界で最も価値のあるブランドTop100」において、ファーウェイは47位となりました。昨年より1ランクアップし、ブランド価値は8%上昇しました。ファーウェイがTop50内にランクインするのはこれで4年連続となります。
[画像: https://prtimes.jp/i/24671/286/resize/d24671-286-642443-0.jpg ]

今年、ファーウェイは業界を牽引する、さらに進化したLeicaカメラを搭載したHUAWEI P30シリーズと初の5GスマートフォンHUAWEI Mate Xを発表※しました。特に、折りたたみ式デザインは、画期的なイノベーションを実現し、ユーザー体験を向上させており、マスコミ及び業界の注目を集めました。着実な売上の成長は、お客様にご支持いただいている証拠です。※HUAWEI Mate Xは日本国内では未発表

IDCが発行したIDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackerによると、2019年第1四半期グローバル スマートフォン市場におけるファーウェイのシェアは19%まで急上昇し、スマートフォンの著名ブランドの中で唯一成長を続けるブランドとなりました。

さらに、IDCが発行したプレスリリースでは、「スマートフォン市場全体があらゆる分野で苦戦を続ける中、 ファーウェイは、スマートフォン出荷台数を50%以上増加することに成功し、世界第2位の地位を固めるだけでなく、首位のSamsungとの差を縮小しつつある」とコメントしています。

ファーウェイは社会や消費者の役に立つ技術の開発に一貫して力を入れています。たとえば、「AI For Good」シリーズでは、難聴の子供のために人工知能技術を使用して本を手話に翻訳するStorysignプロジェクトや、視覚障害者に聴かせるために顔の表情を言語に変換するFacing Emotionプロジェクトおよび幼児の視覚障害の診断を支援するTrack AIプロジェクトなど、様々な状況に置かれた人々の生活を向上させるプロジェクトは実を結びつつあります。

BrandZ™ 世界で最も価値のあるブランドTop100
BrandZ™ブランド価値の算出は、カンターのブランドエクイティ測定のフレームワークに基づいた独自の調査方法を採用しており、各企業の財務実績や業績の分析だけでなく、300万人以上の世界中の消費者のアンケート結果も取り入れ、両者を組み合わせた評価結果となります。現在、国際的に認められたブランドランキングの一つとなっています。

出典: IDC Press Release, Smartphone Shipments Experience Deeper Decline in Q1 2019 with a Clear Shakeup Among the Market Leaders, According to IDC, (Apr. 30th, 2019)

ファーウェイ コンシューマービジネスグループについて
ファーウェイの製品とサービスは世界170カ国以上にまたがり、世界人口の3分の1以上にサービスを提供しています。また、北米、ヨーロッパ、日本、インド、中国に14の研究開発拠点を設けています。コンシューマー事業は、携帯電話、パーソナルコンピューターおよびタブレット、ウェアラブルデバイス、モバイルブロードバンド端末、ホーム端末、一般消費者向けクラウドに及び、ファーウェイの3つの基幹事業のうちのひとつとなっています。ファーウェイの30年以上にわたる強固な通信事業を基盤とするコンシューマー事業は、そのグローバルネットワークの優位性や運用能力、世界にまたがるビジネスパートナーシップによってより新しいテクノロジーを提供し、それを世界の様々な国や地域で利用できるよう努めています。

コンシューマービジネスグループの詳細と最新の製品については、以下よりご確認ください。
https://consumer.huawei.com/jp/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
 

広告

ピックアップ 注目ニュース