ダイエットと健康に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開 『ブレイクしそうなスーパーフード「ビーツ」の栄養価とダイエット効果』

プレスリリース発表元企業:サニーヘルス株式会社
栄養価が高くダイエット効果も期待できるなど、女性に嬉しい成分がたっぷり。

ベタレインと呼ばれる色素成分によるもので強力な抗酸化作用があると考えられています。

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村正弘)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『ブレイクしそうなスーパーフード「ビーツ」の栄養価とダイエット効果』公開いたしました。

https://microdiet.net/diet/001189/


代表的なロシア料理であるボルシチ。
鮮やかなその赤色は、「ビーツ」という野菜の色素によるものです。

ビーツはスーパーフードとして欧米では浸透しており、サラダやスムージー、煮込み料理、スープなどで親しまれています。ビートルート、レッドビートなどと呼ばれることもあります。

日本ではまだあまり馴染みのない野菜ですが、国内での収穫量が増えてきており、野菜売り場でもちらほら見かけるようになってきました。ヘルシー志向の強い人たちの間では認知度が高まってきています。
そんなビーツは、「食べる輸血」と呼ばれるほど栄養価が高くダイエット効果も期待できるなど、女性に嬉しい成分がたっぷり!ビーツの基礎知識や成分、使い方などをご紹介します。


■ビーツのダイエット効果 注目成分の「NO」って?

ビーツの原産地は地中海沿岸から西アジアで、見た目はかぶや大根と似ていますが、ほうれん草と同じアカザ科に属しています。

ビーツの特徴的な赤い色は、「ベタレイン」と呼ばれる色素成分によるもの。同じく色素成分で有名なブルーベリーなどに含まれるアントシアニンに比べ、ベタレインの研究は遅れているものの、同様に強力な抗酸化作用があると考えられています。

そして、ビーツの持つ力で特に注目を集めているのが、ビーツを食べることにより体内で生成されるNO(一酸化窒素)です。
NOには、血管を柔らかくする作用や、血管を拡張させ血流量を増やす作用があります。この作用によって、生活習慣病のケアに役立つほか、血行が良くなり冷え性改善、持久力アップ、疲労回復、病気に強い体づくり、さらに基礎代謝の向上にも繋がるため、ダイエット効果も期待することができるのです。

ビーツは野菜なので、もちろんビタミン・ミネラルも豊富です。むくみ解消効果のあるカリウム、造血に必要な鉄、葉酸、骨の健康だけでなくダイエットにも関わっているカルシウム、美肌に必須のビタミンC、腸内環境を良くする食物繊維、オリゴ糖などが含まれています。

■ビーツの食べ方

ビーツは甘味が強く、生でも食べられますし加熱調理にももちろん適しています。スープ以外にも、サラダ、ピクルス、さらにはスイーツにまで応用可能!様々な料理に活用することができます。

生で食べる場合は、皮を厚めにむきスライスします。
加熱をする場合は、皮をむかずに調理に用います。加熱すると、特有の色素が流れ出てしまうためです。
生のビーツが手に入らない場合は、缶詰を利用すると良いでしょう。輸入食品を扱っているような店や大きなスーパーなどで販売されていることが多いです。茹でたビーツを缶詰にしてあるので、下茹での手間が省けます。

ビーツは根菜なので硬く、煮込み料理以外で使うときは下ごしらえをしておきます。次の2つの方法があります。

1.皮付きのまま茹でる
ビーツをよく洗い、かぶる程度に水を張った鍋にビーツを入れます。酢(大さじ1~2)を加えて、皮付きのまま中火で沸騰させ、その後は弱火で茹でます。30分が目安ですが、竹串がスッと入るようになるまで調整してください。茹であがったビーツは皮をむき、用途や好みに合わせて切ります。

2.皮付きのままオーブンで焼く
水洗いをしたビーツをアルミホイルで包んで、180度で40分ほど焼きます。茹でたものと同様に、皮をむき、用途や好みに合わせて切ってください。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『ブレイクしそうなスーパーフード「ビーツ」の栄養価とダイエット効果』をご参照ください。
https://microdiet.net/diet/001189/


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。


■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から30年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース