2019-06-26 10:00:00

ミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ、本社をテネシー州フランクリンに移転

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Motors

TOKYO, Jun 26, 2019 - ( JCN Newswire ) - 三菱自動車(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)の米国子会社であるミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インク(本社:米国カリフォルニア州サイプレス、以下MMNA)は、本社をカリフォルニア州サイプレスからテネシー州フランクリンへ移転します。今回の移転は、MMNAが進めている経営や販売機能などにつなげる構造改革の一環であり、今後の成長をさらに加速させるためのものです。

MMNAは1988年にカリフォルニア州ファウンテン・バレーから、現在のサイプレスに拠点を移し活動してきました。今回の本社移転は本年8月に開始し、2019年内には完了する予定です。現在MMNA本社では約200名が勤務しており、販売、マーケティング、IT、人事、広報、アフターセールス、商品計画、ディーラー・オペレーション、財務、法務などを含むすべてのコーポレート部門が移転する予定です。

MMNA本社近くにある西海岸部品流通センター(PDC)もカリフォルニア州リバーサイドに新設された北米日産との共同施設に移転いたします。これは、アライアンスにおける効率化とコスト削減の取組みのひとつです。

今回の移転で、ミシガン州アナーバーのミツビシ・リサーチ・アンド・ディベロップメント・ノースアメリカ(MRDA)における研究開発、ワシントンDCのMRDAにおける政府渉外活動への影響はありません。

ルノー・日産・三菱のアライアンスは、購買や研究開発、コストの効率化などの主要協力分野において、グローバルなレベルで連携を深めています。今回、MMNA本社が日産自動車の北米拠点近くに移転することで、事業環境が一新されるだけでなく、それ以上のビジネス効果が生まれることを想定しています

MNNAの社長兼CEOフレッド・ディアスは、「当社をより発展させるため、米国市場への取り組み方をより良いものにしていくことが重要です。新しい経営陣や新規ディーラー、そして新モデルが揃った今が新オフィスへの移転に絶好のタイミングだと考えています」と述べました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5334.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース