千葉商科大学が今回も連覇記録を更新! 全国大学対抗簿記大会 大会史上初の8連覇

プレスリリース発表元企業:千葉商科大学






千葉商科大学(学長:原科幸彦)「瑞穂会」の学生が、6月1日(土)開催の2019年春季(第63回)全国大学対抗簿記大会(主催:資格の大原 大原大学院大学)において、団体戦1級の部で8連覇するという優秀な成績を収めた。
全国大学対抗簿記大会は「簿記の発展と交流の輪を広げる」「職業会計人を増やす」ことを目標に年2回(春・秋)開催され、今回は全国60大学から3,599名がエントリーした。




 同大から出場したのは、「瑞穂会(※)」に所属する商経学部の学生16名。1チーム3~4名の5チームを編成し(瑞穂会A~E)、チームの平均点で競う団体戦1級の部に挑み、1位、2位、4位、5位、6位に入賞、大会史上初の8連覇を達成した。個人戦1級の部では、出場者全員の得点を順位づけするもので、同大学生が1位、2位、6位、9位に入賞する快挙を遂げた。

 同大では、6月25日(火)に祝賀会を開催。原科学長からトロフィーや賞状が手渡され、学生たちの偉業を称えた。個人戦1級の部で全国1位に輝いた生方あやさん(商経学部商学科3年)は「率直に嬉しいです。まさか全国1位になれるなんて驚きました。大学の長期休暇期間中は週6で大学に通い勉強をし、授業の空き時間、放課後を使って、ひたすら模試を解きました。日商簿記1級の試験でも合格していることを願っています」とコメントした。

※「瑞穂会」:会計教育研究所が運営する勉強会。会計教育研究の実践の場として、日商簿記検定や税理士試験の会計科目の資格取得指導を無料で行っている。本学学生であれば誰でも入会可能。日商簿記1~3級講座および税理士講座を開講しており、受講者は年間のべ330名にのぼる。

▼本件に関する問い合わせ先
千葉商科大学 戦略広報センター
住所:千葉県市川市国府台1-3-1
TEL:047-373-9968
FAX:047-373-9969
メール:p-info@cuc.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース