DSファーマアニマルヘルス、「動物の健康を支える新規事業探索プログラム2018」大賞 スパースモデリング応用の支援AIを提案した「株式会社ハカルス」選出

プレスリリース発表元企業:DSファーマアニマルヘルス株式会社

DSファーマアニマルヘルス株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:中島 毅)は、新規事業につながる技術シーズ・ビジネスシーズの探索を目的とした「動物の健康を支える新規事業探索プログラム2018」の大賞に『スパースモデリング技術を応用した診断・治療支援AI』を提案した株式会社ハカルス(本社:京都市中京区、代表取締役CEO:藤原 健真)を選定いたしました。今後両社は、アニマルヘルス領域において動物の生体情報を用いたAI解析情報提供に関する共同事業化について、具体的な協議を進めて参りますのでお知らせいたします。


「動物の健康を支える新規事業探索プログラム」は、動物の健康を支えるために、動物の診断や健康維持に関連する技術やサービスの分野において、革新的な技術やアイデアを有する研究者、スタートアップ企業、および事業化を模索中の企業が保有するシーズを広く公募し、当社の経営リソースと融合させることで、新たな価値を創出して早期事業化を進めるもので2016年から毎年開催しています。

2018年度のプログラムでは、上期・下期をあわせ書類選考を通過した18のチームによる事業提案ピッチを開催し、提案された事業内容を審査の結果、大賞に「株式会社ハカルス(技術シーズ名:スパースモデリング技術を応用した診断・治療支援AI)」を選定したものです。


■株式会社ハカルスについて
株式会社ハカルスは、スパースモデリングを応用した独自のAI関連技術の開発を、創業当初から進めています。この独自技術により、ディープラーニングをはじめとする機械学習の各種アプローチを応用した従来のソリューションの限界を克服し、産業・医療などの多様なドメインに新たなソリューションを展開しています。

<会社概要>
本社: 京都府京都市中京区橋弁慶町227第12長谷ビル5階A室
設立: 2014年1月14日
URL : https://hacarus.com


■DSファーマアニマルヘルス株式会社について
DSファーマアニマルヘルスは、動物たちの健康を支えることで、人々の笑顔あふれる暮らしに貢献する企業として、2010年7月に大日本住友製薬株式会社の事業部門から分社化し、設立された研究開発型の動物用医薬品等の製造販売会社です。70余年に及ぶ動物薬事業を通じて培った経験と実績を基礎に、人と動物の絆を支える「コンパニオンアニマル事業」、人々の豊かな生活を支える「畜水産事業」、確定診断に必要不可欠な「臨床検査事業」を展開しています。
また、医薬品や機能性食品の提供に加え、診察・検査・診断・投薬・アフターケアにわたる獣医師、ペットオーナーや畜産農家等のニーズの全体(ヘルスケアサイクル)へ事業領域を拡張し、総合的なソリューションを提供する会社への変革を推進しています。
詳細はホームページをご覧ください。 https://animal.ds-pharma.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース