2019-06-20 20:08:00

エニービジョン、M12とDFJグロースの新規参加により、7400万ドルのシリーズAを完了

プレスリリース発表元企業:AnyVision

コンピュータービジョンの新興企業がカメラ、チップ、クラウドの大手プロバイダーからの支援を獲得

(ニューヨーク)- (ビジネスワイヤ) -- 顔、身体、物体の認識ソフトウエアを専門とするコンピュータービジョンの大手企業エニービジョンは本日、7400万ドルのシリーズA資金調達ラウンドを完了したと発表しました。新しい投資では、マイクロソフトのベンチャーファンドであるM12、DFJグロース、OGテクノロジー・パートナーズが出資しました。エニービジョンは以前、シリーズAの一環として、ライトスピード・ベンチャー・パートナーズ、ロバート・ボッシュ、クアルコム・ベンチャーズ、エルドリッジ・インダストリーズからの投資を発表していました。

2015年に設立されたエニービジョンは、顔、身体、物体の認識ソフトウエアを専門とするコンピュータービジョンの大手企業です。すべてのカメラをスマートにするコアソフトウエアソリューションを開発しています。これらのソリューションは、どのカメラ、コンピューティングフレームワーク、使用例にも左右されません。

エニービジョンを共同設立したEylon Etshtein最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ビジネスをしている中で、エコシステムの有力企業と協力してまったく新しい産業を構築する機会に恵まれることは非常に稀です。クアルコムのようなチップメーカー、ボッシュのようなカメラメーカー、そして今回はM12の投資を通じてマイクロソフトのようなクラウドサービスプロバイダーから後押しを得られ、私たちは幸運です。私たちには、この業界のリーダーになるための産業的妥当性と財務力を最適な形で兼備しています。」

DFJグロースのパートナーであるサム・フォート氏は、次のように述べています。「DFJグロースにおける私たちの使命は、新興市場の大きな機会を取り込もうとする破壊的イノベーターを支援することです。エニービジョンはコンピュータービジョンの高成長市場におけるリーダーとして自らを明瞭に際立たせたと、私たちは考えています。このことは、エニービジョンの製品が安全性と顧客体験をいかに向上させているかを称賛するカスタマーレビューが増えることから支持されます。また、認識技術の使用に絡むプライバシー・倫理基準を推進するに当ってエニービジョンが見せたリーダーシップにも、感銘を受けました。エニービジョンと協力し、同社の急成長を促進することに貢献していきたいと思います。」

エニービジョンは現在、セキュリティーと監視、モバイル認証、アクセス制御、実環境分析のための技術を開発しています。これらのコアソリューションは現在、銀行、スタジアム、カジノ、小売りなどのさまざまな業界において、安全性の向上、コスト削減の実現、顧客満足度の向上の目的で利用されています。新規の調達資金は、当社の既存の展開地域と参入業種の拡大を継続するために使用します。

エニービジョンは認識技術についてプライバシーと倫理的使用を最優先しています。プライバシーに関しては、エニービジョンの技術がユーザーデータの収集や共有を行うことも、画像をキャプチャーすることもありません。取り込まれたデータは、解読不可能な暗号として機能してIDハッキングを防止する数学的ベクトルの形式にされます。エニービジョンは、真に有効なソリューションというのはそのアルゴリズムの設計と訓練のされ方次第で初めて価値が出てくると考えています。どのデータセットが使用され、どのようにデータに注釈が付けられるかに細心の注意が払われ、この世界そのものと同じくらい多様なシナリオを活用します。エニービジョンは顔認識業界に対する規制も強く支持しており、今後も個人データの機密性を確保し、各国の法律と規制を完全順守します。

今日、エニービジョンは世界中で240人以上の従業員を擁し、テルアビブ、ニューヨーク、メキシコ、ロンドン、シンガポールに事業所を構え、コンピュータービジョンの研究に専念する30人以上の博士号所有者から成る専門チームをベルファストに置いています。エニービジョンの世界中のお客さまは数百に上り、フォーチュン50のクライアントも多数含まれています。

エニービジョンについて

コンピュータービジョンのソフトウエアを設計・開発する世界一流企業であるエニービジョンは、AIを現実世界で利用しやすいものにするため、2015年に設立されました。エニービジョンは、すべてのカメラをスマートにする機能を備えたソフトウエアを開発しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190620005304/ja/

連絡先
Media:
Andy Fouché
SVP, Global Communications
afouche@anyvision.co

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース