作って、食べて、学ぶ!中学生のためのワンコインお料理ワークショップ開催!

プレスリリース発表元企業:NPO法人Healthy Children, Healthy Lives
ヘルシーランチ例

講師:伊藤明子医師

ワークショップの様子(1)

NPO法人Healthy Children, Healthy Lives(東京都港区、代表理事:伊藤 明子)では、キューピーみらいたまご財団さまの助成を受け、2019年8月18日(日)に中学生対象のキッチンワークショップを開催いたします。
思春期を迎え、カラダや心の成長が著しい年ごろの中学生。身体の成長発達のためには、成人よりもより多くの栄養が必要となります。しかし、女子の過度のやせを理想の体型と考える風潮や、生活習慣の乱れから、心身に不調を訴えるお子さまは少なくありません。このワークショップでは、小児科医・公衆衛生専門医である伊藤明子先生から、中学生のみなさんに食生活が自分たちのカラダだけでなく、心や脳の発達にどのような影響を与えるのかについて教えていただきます。また、一緒に簡単な調理を行い、料理の楽しさや自分で作って食べる喜びを体験していただきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/186598/LL_img_186598_1.jpg
ヘルシーランチ例

■自己流の食事制限は危険
世界的に肥満の割合が増加傾向にある一方で、日本では、若い女性の間で過度のやせを理想の体型と目指し、その割合が増えていることが大きな問題となっています。色々なメディアの情報に影響されて自己流の方法で食事制限をすると、必要な栄養が十分に摂れず、栄養不足・低栄養・栄養障害になることがあると伊藤医師は警鐘を鳴らしています。それに伴うカラダの不調だけでなく心の不調にもつながり、不登校になるなど学校生活にも支障をきたすケースがあります。
また、朝食を食べない、塾などの習い事で忙しく、夕食時間が乱れている、毎回の食事が偏ったメニューになる、コンビニ等で手軽に済ませてしまう、という中学生も多いことでしょう。市販のお惣菜やお弁当は、塩分が多く含まれるものが多く、塩分過多も悪い作用をもたらしてしまいます。


■食と栄養に関する知識を得て、自分で正しい選択を
中学校でも学校給食が拡がってきていますが、給食がない学校に通う中学生のお子さんが食と栄養に関する情報を得られる機会はさほど多くありません。また、インターネットの普及とともに、様々な情報が飛び交い、正しい情報を選択することが難しくなっています。そのため、成長期の子どもたちにとって、どんな食事をどれくらいの量をとればいいのか、食品に含まれる栄養素や安全性はどうか、など、お子さん自身が正しい知識を身に付けることがとても重要となってきます。


■将来の健康にまで役立つ!ワークショップを開催
ワークショップ前半は、小児科医・公衆衛生専門医である伊藤医師が、中学生のお子さまにもわかりやすく、食材の栄養やカラダの仕組みについて解説いたします。それから、簡単な調理体験から盛り付けまでを行い、完成したランチを一緒にご試食いただきます。アットホームな雰囲気の中で、素朴な疑問・質問にも講師が優しく丁寧にお答えします。
食事の大切さを知ること、料理を楽しいと思えること、これらの経験は大人になってからも、身体に良い食材・調理方法で料理をすることに役立ち、将来的な病気を予防する効果も果たします。


■「中学生のためのヘルシーランチワークショップ」概要
~医師が教える丈夫なカラダ・心・脳を作る食べ方・作り方~
日時 :2019年8月18日(日)11時~13時(受付10時45分~)
講師 :伊藤 明子(小児科医・公衆衛生専門医)
対象 :中学生
定員 :12名
会場 :NPO法人Healthy Children, Healthy Lives内キッチン
アクセス:東京都港区赤坂2-15-15 赤坂プラザビル3階
参加費 :500円(食材費等を含む)※クレジット決済または銀行振込
申込方法:メールホームページ専用フォーム https://www.hchl.org/kw
もしくはお電話またはメール
※兄弟姉妹、お友だち同士での参加も大歓迎!
※手ぶらで参加OK!エプロンもこちらでご用意しています。


■講師紹介
伊藤 明子(読み:いとう みつこ、小児科医・公衆衛生専門医)
https://www.atpress.ne.jp/releases/186598/img_186598_2.jpg

【プロフィール】
東京大学医学部附属病院小児科医
東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学/健康医療政策学教室客員研究員
赤坂ファミリークリニック院長
NPO法人Healthy Children, Healthy Lives代表理事
有限会社アクエリアス代表取締役社長(同時通訳・国際会議運営)
同時通訳者

東京外国語大学卒、帝京大学医学部卒、東京大学大学院医学系研究科卒。著書に「小児科医がすすめる最高の子育て食」講談社、「天然ヘルシー『調和食』レシピ」キラジェンヌ株式会社など。2児の母。テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」ほか、多数のメディアに主演・掲載。


■法人概要
商号 : 特定非営利活動法人Healthy Children, Healthy Lives
代表理事: 伊藤 明子 東京大学医学部附属病院小児科医師、
赤坂ファミリークリニック院長
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂2-15-15 赤坂プラザビル3階
設立 : 2017年7月
活動趣旨: 「こどものときからの病気予防」キッチンワークショップ、
音楽療法、療育など統合的なアプローチで活動を展開
URL : https://www.hchl.org/


■ワークショップに関するお客様からのお問い合わせ先
NPO法人Healthy Children, Healthy Lives
TEL : 03-5562-8825
Email: info@hchl.org


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース