業務用「シェアユニフォームレンタル」サービス開始 雇用形態・衛生面などに関わらず簡易的な管理&コスト削減が可能に

プレスリリース発表元企業:株式会社白龍堂
ユニフォームもシェアする時代

企業経営環境の変化

お問い合わせ先

株式会社白龍堂(本社:岡山県岡山市北区北長瀬表町2-13-27、代表取締役社長:越宗 達彦、以下 白龍堂)は、食品工場に向けて、雇用環境の複雑化や衛生品質の厳格化といった問題解決にユニフォームでサポートする「シェアユニフォームレンタル」サービスを、2019年6月から開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/186492/LL_img_186492_1.jpg
ユニフォームもシェアする時代

▼シェアユニフォームレンタル http://hakuryudo.co.jp/uniformrental/#share


■新時代のユニフォーム課題は、シェアユニフォームレンタルで解決!
白龍堂は1988年より時代に先駆けて、企業へユニフォームのレンタルを提案してきました。約30年のなかでユニフォームレンタルは抵抗感なく、メリットを実感頂けるようになりました。しかし、雇用環境の変化や消費者の衛生意識も向上している現代、ユニフォームの運用方法はまた一歩進化しなければなりません。そこで開発したのが、業界初のレンタルプラン「シェアユニフォームレンタル」です。
「シェアユニフォームレンタル」は従来のレンタルシステムと違い、全従業員でユニフォームを「シェア」して頂くため、個人ごとに管理する必要がありません。外国人労働者の増加や、雇用形態の複雑化といった時代背景に対応した新しい発想のレンタルサービスです。


■シェアユニフォームレンタルの特徴
1. 外国人労働者にも分かりやすく、衛生レベルを統一できます!
言語の壁や文化の違いをもつ外国人労働者にも、毎日新しいユニフォームを着て、毎日回収ラックに入れて帰るというシンプルな仕組みは徹底しやすく、簡単に衛生レベルを統一することができます。

2. 雇用形態が複雑でも一括管理できます!
派遣社員や短時間労働者が入社・退社する度に個別に対応する必要はありません。全体の着用枚数の増減だけを管理すればいいので、業務は大幅に簡素化できます。

3. 自社クリーニング工場から、清潔なユニフォームをお届けします!
従業員は食品工場などで使われるHACCP対応の衛生ユニフォームを着用して、クリーニング業務に従事しています。異物混入対策や菌・ウイルスの除去まで徹底しているので、安心してシェアユニフォームをご着用頂けます。


■シェアユニフォームレンタルの概要
名称: 食品工場向けユニフォームレンタル「シェアユニフォームレンタル」
URL : http://hakuryudo.co.jp/uniformrental/#share


■今後の展開
「シェアユニフォームレンタル」は、今後ますます変化する雇用環境の変化に柔軟に対応できるサービスです。まずは関東地域限定でサービスを開始してまいりますが、施設設備を拡充し、全国展開を計画しております。


■会社概要
商号 : 株式会社白龍堂
代表者 : 代表取締役社長 越宗 達彦
所在地 : 〒700-0962 岡山県岡山市北区北長瀬表町2-13-27
設立 : 1958年6月
事業内容: ユニフォームの企画・製造・販売、
ユニフォームのレンタル及びクリーニング
資本金 : 1,850万円
URL : http://www.hakuryudo.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース