宮崎の太陽を浴びた今が“旬”のメロンを使用追熟され とろける甘さがあふれる「生メロンプリン」宮崎県のプリン専門店『南国プリン』から新発売

プレスリリース発表元企業:株式会社南国CBF
生メロンプリン

生メロンプリン(2)

店頭

宮崎県宮崎市のプリン専門店 南国プリン(運営:株式会社南国CBF、代表取締役社長:河野 当将)は、宮崎県都農町産のアールスメロンを使用した「生メロンプリン」を季節限定で2019年6月15日(土)から販売を開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/186504/LL_img_186504_1.jpg
生メロンプリン

南国プリンHP: http://nangoku-purin.com/


■宮崎の太陽を浴びたて育った「生メロンプリン」とは!?
「生メロンプリン」は、プリン上部のジュレ部分に宮崎県都農町産の「アールスメロン」の果実をたっぷりと贅沢に使用した季節限定プリン。エメラルド色に輝くメロンのジュレは、宮崎の大自然をイメージさせる『南国プリン』らしさ溢れるプリンに仕上がりました。ジュレの食感はつるりとした喉ごしで、メロンの瑞々しさと追熟された甘さの相乗効果により、夏でもさっぱりと食べられるプリンです。メロンの旬は、6月から7月末頃まで、この時期だけの味わいをお楽しみください。『南国プリン』では今後も季節ごとに旬の厳選したフルーツを使用した季節限定プリンを展開していきます。


■南国プリンの美味しさの秘密
南国プリンのプリン部分はプレーンタイプの「テゲセボン」が基本の味となっています。原材料には、地元宮崎県の松浦牧場の低温殺菌ノンホモ牛乳やマダガスカル産のバニラビーンズを100%使用し、香り深く、とろけるような、なめらかな食感に職人が1つ1つ毎日手作りで仕上げています。


■南国宮崎の魅了を詰め込んだプリン専門店「南国プリン」とは
宮崎は昭和30年代後半から50年代初めにかけて新婚旅行のメッカとされ、たくさんの若者が宮崎を訪れました。ピーク時の昭和49年には日本全国で結婚したカップルのおよそ3組に1組が宮崎で新婚旅行をしたと言われています。その当時の煌びやかさをプリンで表現し、あの頃のような賑わいを再び宮崎に起こしたい!そんな思いで子供から大人まで楽しめる、プリン屋さんとしてオープンしました。南国プリンを宮崎の新名物として皆様に末永く愛されるよう、日々プリン作りに励んでいきます。


■商品概要
商品名 :生メロンプリン
価格 :480円(税込)
販売期間:6月15日~7月末頃まで
※販売終了時期はメロンの収穫状態によって左右されます。


■店舗概要
店舗名 :南国プリン
所在地 :宮崎県宮崎市橘通東3丁目2-10
若草通入口すぐヨコ
営業時間 :10時~19時(火曜日定休日)
店舗紹介サイト:http://nangoku-purin.com/


■会社概要
社名 : 株式会社南国CBF
代表者 : 代表取締役社長 河野 当将
所在地 : 〒889-1201 宮崎県児湯郡都農町川北4858-2
TEL : 0983-25-1686
FAX : 0983-32-0020
URL : http://www.nangoku-cbf.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース