みたけ食品工業、設立60周年及び新社屋落成式典 開催!2022年に単体で60億円、グループ全体で90億円の売上目標を目指す

プレスリリース発表元企業:みたけ食品工業株式会社
本社屋(背景有)

式典正面

本社屋(背景無)

みたけ食品工業株式会社(本社:埼玉県戸田市、代表取締役:武内 秀行)は、設立60周年と新社屋落成を記念する披露式典を2019年6月5日に埼玉県戸田市の本社で開催しました。式典には当社と取引のある商社、メーカー、食品スーパー、業界団体などから約150名の方にご出席いただきました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/186388/LL_img_186388_1.jpg
本社屋(背景有)

式典では会社紹介のオープニングムービーでお客様を迎え、始めに60年の歩みを紹介。1997年に武内 秀行が代表取締役就任以降、2018年度の売り上げは45億円となり、就任当時から3倍以上成長を続けています。役員紹介後の米粉キッチンショーでは、米粉専門家の高橋 ヒロ氏による米粉の講習会及び米粉料理(グルテンフリーかつ短時間で作れる米粉の成形パン、米粉クレープ)の実演を行いました。その後、新社屋内覧会、懇親会を行いました。
新社屋は、「働きやすい環境づくりと社員のコミュニケーション」をテーマに、フリーアドレスを採用したオフィスフロアや就業後社員の憩いの場にもなるアフター6コーナー、キッチンスタジオなどを設けています。


当社は、「大地と人を結ぶネイチャーメディア」をスローガンに昭和34年の設立以来、ごま、大豆、米、大麦の原料を国内外から調達し、「安心・安全」「ニーズ」「高品質」な製品の提供を通じ豊かな食文化に貢献してきました。令和の時代もさらに貢献し、飛躍することを誓います。
また本年から、ネイチャービーイング株式会社をホールディングスカンパニーとした「みたけグループ」では、メーカー4社とホールディングスカンパニー1社の5社体制で運営していきます。中期経営計画では、2022年にみたけ食品工業単体で60億円、グループ全体で90億円の売り上げ目標を掲げています。それぞれの企業が独自に発展し、さらに得意分野での先進性やそれぞれの活動が有益なシナジー効果を狙っていきます。


【会社概要】
商号 : みたけ食品工業株式会社
代表者 : 代表取締役 武内 秀行
本社所在地: 〒335-0023 埼玉県戸田市本町1-5-7
設立 : 1959(昭和34)年6月22日
資本金 : 6,500万円
従業員数 : 120名
営業品目 : 胡麻、上新粉、麦茶、きな粉、白玉粉、漬材、各種製菓材料
URL : https://mitake-shokuhin.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース