ガーミンが共同創業者で名誉会長のゲイリー・バレルの死去を発表

プレスリリース発表元企業:Garmin International, Inc.
ガーミンが共同創業者で名誉会長のゲイリー・バレルの死去を発表

ガーミンを新興企業からGPS技術で世界をリードする企業へと成長させた功績により後世に名を残すイノベーター、起業家、サーバント・リーダー

(米カンザス州オレイサ)- (ビジネスワイヤ) -- ガーミン(NASDAQ:GRMN)の事業部門であるガーミン・インターナショナルは本日、航空業界の先駆者であるガーミン共同創業者のゲイリー・バレルが、2019年6月12日に81歳で死去したことを発表しました。バレルは2002年に引退し、引き続きガーミン共同会長を務めた後、2004年に名誉会長に任命されました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20190617005478/ja/

ガーミンが共同創業者で名誉会長のゲイリー・バレルの死去を発表しました。バレルは、イノベーター、起業家、サーバント・リーダーとして、ガーミンを新興企業からGPS技術で世界をリードする企業へと成長させた功 ... ガーミンが共同創業者で名誉会長のゲイリー・バレルの死去を発表しました。バレルは、イノベーター、起業家、サーバント・リーダーとして、ガーミンを新興企業からGPS技術で世界をリードする企業へと成長させた功績により後世に名を残すでしょう。(写真:ビジネスワイヤ)

バレルは、全地球測位システム(GPS)として知られる新興技術を活用した製品を作り出すという構想の下、1989年にミン・カオ(高民環)博士と共同でガーミンを設立しました。ガーミンは30年を経て、少数のエンジニア集団から、世界にオフィス60カ所を構え1万3000人以上の社員を有する世界的な位置特定・通信製品の有力企業へと成長しました。バレルは多くの功績の中で、自らその創出に貢献した仕事を最も誇りとしていました。

ミン・カオは、次のように述べています。「ゲイリー・バレルは30年以上にわたり、私の友人であり、師であり、パートナーでありました。バレルのビジョン、価値観、工学スキル、そして顧客対応に対する注力は、当社の成長の基礎となってきました。この素晴らしい人物と知り合えたことは大きな名誉で恩恵であり、バレルが遺したものはこれからも生き続けると確信しています。」

50年以上に及ぶキャリアにおいて、バレルは何千人もの社員を鼓舞し、指導してきました。バレルが最初に採用した社員の1人であるガーミン社長兼最高経営責任者(CEO)のクリフ・ペンブルもその例に漏れません。

ペンブルは、次のように述べています。「バレルは当代における偉大な起業家の1人として、多くの人の記憶に残るでしょう。バレルがサーバント・リーダーシップと呼んでいた独特な手法で当社を率いていたことは忘れません。最高の製品を生み出すことにおいても、リーダーとしての行動においても、バレルは常に自分のことより他者へ与える影響を先に考える人でした。バレルが示した手本は、私のガーミンへの献身を触発しただけでなく、夫として父としての自分にも良い影響を与えてくれました。ゲイリー・バレルが残してくれた豊かな不朽の遺産に、生涯感謝します。」

バレルは、1989年にガーミンを設立する前にローレンス・エレクトロニクス、キング・ラジオ、アライドシグナルなどの船舶・航空電子企業で幹部職を務めました。ジェネラルアビエーション市場向けのナビゲーション/通信の設計と開発を初めて成功させたことで、バレルは統合航空電子工学をリードするイノベーターとして広く認知されています。

ガーミンでは、GPS技術を従来の航空ナビゲーション・通信システムおよびカラー・ムービング・マップと組み合わせたGNS 430/530製品ファミリーにより、統合のビジョンを拡大しました。その後、小型のピストン駆動航空機から中型のビジネス・ジェット機まで、今日、世界の何千機もの航空機で稼働しているG1000コックピット・システムを考案しました。バレルはウィチタ州立大学で電気工学の学位を、レンスレア工科大学で修士号を取得しました。

ガーミンは、数十年にわたり、アクティブなライフスタイルを送る人たちに向けて、新しいGPSナビゲーションとワイヤレス機器およびアプリケーションを開発してきました。ガーミンは、自動車、航空機、フィットネス、海洋、アウトドア・レクリエーションの5つの主要市場で事業を展開しています。詳細情報については、ガーミンのバーチャル・プレスルーム(garmin.com/newsroom)をご覧になるか、Media Relations部門(電話:913-397-8200)へお問い合わせください。または、facebook.com/garmintwitter.com/garmininstagram.com/garminyoutube.com/garminをフォローしてください。

ガーミン・インターナショナルについて

ガーミン・インターナショナルはガーミン(Nasdaq: GRMN)の子会社です。ガーミンはスイスの法人であり、主要子会社は米国、台湾、英国に所在しています。Garminは、Garmin Ltd.またはその子会社の登録商標です。

他のすべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは、それぞれの所有者の財産です。All rights reserved.

将来見通しに関する記述についての注意:

本リリースには、ガーミンとその事業に関する「将来見通しに関する記述」が含まれています。これらの記述は、経営陣の現在の予想に基づいています。本リリースで言及された将来の見通しに関する出来事や状況は発生しないことがあり、実際の結果はガーミンに影響を与える既知または未知のリスク要因や不確実性によって大きく異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、ガーミンが米国証券取引委員会に提出した2018年12月29日締め年度のフォーム10-K年次報告書(委員会ファイル番号:0-31983)に記載されたリスク要因が含まれますが、それらに限定されるわけではありません。フォーム10-K報告書のコピーは、http://www.garmin.com/aboutGarmin/invRelations/finReports.htmlで入手できます。将来見通しに関する記述はいずれも内容が保証されません。将来見通しに関する記述は、記述がなされた時点での見解であり、ガーミンは新たな情報、将来の出来事、その他の理由にかかわらず、何らの将来見通しに関する記述についても、公式に更新または修正する義務を一切負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190617005478/ja/

連絡先
Krista Klaus
Garmin International, Inc.
Phone | 913-397-8200
E-Mail | media.relations@garmin.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告