2019-06-17 23:10:00

P&Gと東京2020が「みんなの表彰台プロジェクト」を発表 - 次のオリンピック・パラリンピック大会で初めて再生プラスチック製の表彰台を使用

プレスリリース発表元企業:Procter & Gamble
P&Gと東京2020が「みんなの表彰台プロジェクト」を発表 - 次のオリンピック・パラリンピック大会で初めて再生プラスチック製の表彰台を使用

P&Gと東京2020が「みんなの表彰台プロジェクト」を発表 - 次のオリンピック・パラリンピック大会で初めて再生プラスチック製の表彰台を使用

(シンシナティ)- (ビジネスワイヤ) -- プロクター・アンド・ギャンブル(NYSE:PG)は本日、東京2020大会組織委員会および国際オリンピック委員会(IOC)に協力し、オリンピック・パラリンピック大会の歴史において初めて、すべてのメダル表彰台を完全にリサイクル材料から制作すると発表しました。これには消費者も直接参加できます。

6月13日木曜日に、開催国の日本で東京2020「みんなの表彰台プロジェクト」が正式に始動し、シャンプーや食器用洗剤のボトルなどのプラスチック製品を収集することを一般市民に呼びかけました。プラスチック製品は、大手小売チェーンのイオングループの最寄りの店舗に持ち込むことで、リサイクルに回されます。廃プラスチックの回収箱は、イオン、イオンスタイル、マックスバリュなど、全国2000店以上のイオングループの店舗に設置されます。イオングループはこのプラスチックをP&Gに送ります。P&Gはまた、海洋から回収したプラスチック廃棄物を再生利用して表彰台の制作に利用します。このプロジェクトは相互の持続可能性目標の達成を支援するものであり、P&Gの長年にわたるIOCとの大規模な世界的パートナーシップを拡大し、世界のアスリート、母親、その家族の生活を含むオリンピック・ムーブメント全体に貢献します。

P&Gのマーク・プリチャード最高ブランド責任者は、次のように述べています。「この取り組みの中心にあるのは持続可能性であり、P&Gは東京2020大会組織委員会ならびにIOCと協力して、消費者がプラスチック廃棄物削減に参加できる方法を示せることを誇らしく思っています。東京2020みんなの表彰台プロジェクトは、オリンピックが環境や社会にプラスの影響を与える行動を起こすきっかけになり得ることを示しています。」

また、「みんなの表彰台プロジェクト」は、日本全体が一丸となってオリンピック大会の開催を応援するという東京2020大会組織委員会の取り組みを明確に示すものであり、この準備活動において何らかの役割を果たす機会をすべての人に提供します。このプロジェクトまた、「つくる責任 つかう責任」、「海の豊かさを守ろう」、「パートナーシップで目標を達成しよう」といった主要な国連持続可能な開発目標の達成にも寄与します。

IOCの持続可能性担当ディレクターであるマリー・サロワ氏は、次のように述べています。「東京2020みんなの表彰台プロジェクトは、オリンピック大会が開催都市と開催国で持続可能な変化への意識を高めることができることを示す非常にすばらしい事例です。このプロジェクトが形になり、プラスチック廃棄物に取り組む私たちの世界的活動に加わることを大変うれしく思います。IOCは、東京組織委員会との密接な協力を続け、2020年オリンピック大会において持続可能性が重要な要素となり、今後の遺産となるよう努めていきます。」

各表彰台には、日本で回収された「使用済みリサイクル」材料が含まれることになります。この取り組みは、無駄をなくし、持続可能な解決策を推進することについての意識を高めます。「みんなの表彰台プロジェクト」の要点は次のとおりです。

全体的目標は、消費者から150万個のポリエチレン製、ポリプロピレン製のプラスチック・パッケージを回収し、再生プラスチック樹脂を作ることです。 これにより、リサイクルされたプラスチック1個につき75グラムの二酸化炭素が削減されます。 150万個の目標が達成されると、東京2020大会組織委員会とP&Gは、112年間の家庭の照明に十分なエネルギーを節約することになります。 このプロジェクトを通して、P&Gと東京2020大会組織委員会は、2020年7月24日から始まるオリンピック大会と2020年8月25日から始まるパラリンピック大会開催中にすべてのメダル獲得選手が使用するすべての表彰台を制作します。P&Gは、東京2020大会組織委員会と共に、2020年6月にこの表彰台を公開する予定です。東京2020大会の終了後には、P&Gはこの表彰台をもう一度リサイクルして、新しいP&Gのパッケージを製造します。これらはまた、オリンピックおよびパラリンピック・ムーブメントと持続可能性の全体的な重要性の説明と促進のための教材としても使用されます。

東京2020みんなの表彰台プロジェクトは、P&Gがオリンピック・アジェンダ2020を継続的に支援していることを明確に示す一例であり、オリンピック大会が持続可能な開発の契機となり、すべての人に持続可能な未来を築けるよう努めていきます。このビジョンは、生活に影響を及ぼして生活を改善できる有意義な変化を達成するというP&G自身の取り組みと、プラスチックの世界海洋への流出を食い止める解決策を開発するP&Gの「アンビション2030」の目標にぴったりと一致しています。また、これは、日本史上最大規模となる多分野にわたる使用済みパッケージの回収・材料リサイクル・プログラムとなります。

P&Gのオリンピック大会プログラムについて

オールウェイズ®、ジレット®、パンテーン®、ヘッド&ショルダーズ®、タイド®、ダウニー®などの世界のP&Gブランドが、さまざまなメディア・チャネルや店頭でオリンピックのキャンペーンを実施します。P&Gブランドは、日々、母親たちに最高のものを提供することに取り組んでいます。これはオリンピック選手の母親たちだけでなく、世界のすべての母親が対象です。ワールドワイドオリンピックパートナーとして、タイド、ジレット、パンパースなどのP&Gブランドがオリンピック大会に至る道程で選手と提携する際には、当社は、あらゆる面で選手をサポートした母親たちも称えます。

P&Gについて

P&Gはそのブランドを通じて世界中の消費者に奉仕しています。信頼される高品質のトップブランドが、当社の世界的に強力なブランド群を構成しています。当社ブランドには、オールウェイズ、アンビピュア、アリエール、バウンティ、シャーミン、クレスト、ドーン、ダウニー、フェアリー、ファブリーズ、ゲイン、ジレット、ヘッド&ショルダーズ、レノア、オーレイ、オーラルB、パンパース、パンテーン、SK-II、タイド、ヴィックス、ウィスパーがあります。P&Gコミュニティーは、世界の約70カ国で事業を展開しています。P&Gとそのブランドについての最新ニュースと情報は、http://www.pg.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20190617005530/ja/

連絡先
Jeannie Tharrington
513-945-4422
tharrington.jm@pg.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース