SORACOM Discovery 2019に「JP1 for IoT」を出展 [日立]

プレスリリース発表元企業:株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)
SORACOM Discovery 2019に「JP1 for IoT」を出展 [日立]

SORACOM Discovery 2019は、株式会社ソラコムが主催する日本最大級のIoTカンファレンスです。2019年は「IoTを超えて」をテーマに、IoTの最新トレンド、ビジネス活用事例、IoTプラットフォーム SORACOMの最新サービスを、IoT先駆者の皆さまとご紹介します。


日立は、IoTプラットフォーム SORACOMに対応した「JP1 for IoT」の展示と講演を行います。

「JP1 for IoT」は、IoT向けの運用管理を最適化する製品およびサービス群です。
日立の長年にわたるITとOTの実績および社会インフラや基幹業務システムを支えてきた統合システム運用管理 JP1の技術やノウハウを活かし、IoTのセキュアで信頼性の高い運用を実現。デジタルイノベーションの加速を支えます。

皆さまのご来場をお待ちしております。

<SORACOM Discovery 2019>
 開催日:7月2日(火) 9:00~19:00
 (グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール)

■講演のご案内:特別企画インフラ x IoT
 「デジタライゼーションにおける社会インフラの未来」

 大阪ガス株式会社/株式会社自律制御システム研究所/株式会社日立製作所
 日時・会場:7月2日(火) 16:20~17:20 [F4]

1964年の東京オリンピックの頃に整備された首都高速1号線をはじめ、高度成長期以降に整備したインフラが急速に老朽化し、今後20年間で、建設後50年以上経過する施設の割合が加速度的に高くなっていきます。この様に老朽化が進んでいく社会インフラも簡単には刷新出来ないため、安全の為にどうメンテナンスしていくのかが重要です。
このセッションではIoTやドローン等最新のテクノロジーを利用し社会インフラをデジタルトランスフォーメーションし、メンテナンスやコスト削減等に取り組む企業様より社会インフラの今後の可能性をお話しいただきます。

▼詳細・お申し込みはこちら(入場無料:事前登録制)
https://www.discovery2019.soracom.jp/?ref=10
(株式会社ソラコム サイトへ)

▽日立のミドルウェア&プラットフォームソフトウェア
https://www.hitachi.co.jp/soft/



◆商標に関する表記
・SORACOMは、株式会社ソラコムの登録商標または商標です。
・その他記載の会社名、製品名などは、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

【付帯情報】
・SORACOM Discovery 2019に「JP1 for IoT」を出展 [日立]
http://itm.news2u.net/items/output/166083/1


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース