MapFanラボサイト「what3words」コラボ第2弾「MapFan Quest」公開

プレスリリース発表元企業:インクリメントP株式会社
ゲームイメージ1

ゲームイメージ2

ゲームイメージ3

インクリメントP株式会社はこの度、「MapFanラボサイト(https://labs.mapfan.com/)」に、3つのワードで日本中のあらゆる場所を特定できる「what3word」とのコラボ企画第2弾として、位置情報共有サービス「MapFan Quest(マップファン クエスト https://labs.mapfan.com/etc/mfq)を追加し、本日公開いたしました。
「MapFan Quest」は、インクリメントPの法人向け地図APIサービス「MapFan API」の「RPGマップ」とwhat3words社の世界中を”3つのワード”で表現する位置情報サービス「what3words」がコラボしたデモコンテンツです。


===「MapFan Quest」の主な機能===
◆メールやSNSを使ってまちあわせの呪文(待ち合せ場所)のURLを友達にシェア!
◆URLをクリックすると、RPG風マップにドラゴン(待ち合わせ場所)が出現!
◆ドラゴンの100m以内に移動すると攻撃が届くようになる!
◆ドラゴンをたおした回数でセリフや主人公が変化するかも!




what3wordsとは
世界中を1グリッド3m×3mに切り分け、グリッド毎に簡易な3つのワードを割り振った位置情報サービスです。住所では特定できないあらゆる土地を3つのワードで便宜上表現することで、互いに場所を認知することができる特殊な機能を持っています。(例えば、渋谷のハチ公像の位置は “ためす・おさらい・すめる“となります。 )
現在、世界20言語に対応し、海外の自動車メーカーや公的サービス、宅配サービスなど、様々な分野で採用され始めています。


MapFanラボサイト「what3words」コラボ第1弾について
「what3wordsコラボページ(http://labs.mapfan.com/etc/w3w_top/)」第一弾では、MapFanの詳細な日本地図から3つのワードを調べることができます。また住所からの位置検索や3つのワードからの位置検索も可能です。表示言語は日本語、英語、ドイツ語、韓国語、タイ語に対応。言語を切り替えてご利用いただけます。

インクリメントPでは本コンテンツを、カーナビ、歩行者ナビへの活用はもちろん、日本の住所に馴染みのないインバウンド旅行客向けサービス、各種デリバリーサービスなどへの活用を目指し、今後積極的に研究開発を進めてまいります。


「MapFan ラボサイト(https://labs.mapfan.com/)」とは
試作データを含む各種位置情報コンテンツと、その新しい活用・表現方法を提案するショールームサイトです。お客様のサービス導入検討や新しい活用アイデアを膨らませるきっかけの場として公開。今後も様々な企業とのコラボや研究開発を進め位置情報の利用価値を革新してまいります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース